ホーム>外壁塗装ブログ

外壁塗装ブログ

外壁塗装にヒビが!その原因は?兵庫県の塗装店が解説致します

夢の新築をご購入されて5年経たずに壁にヒビができてしまった方、塗装を塗り替えたばかりなのにヒビを見つけてしまったという方は大変悔しい思いをされていることでしょう。
 
本記事では主なヒビ割れの種類とその原因を解説致します。
この記事が今後のご自宅の塗装工事に関して少しでも役立てば幸いです。
 

〇そのヒビは線状の細かいヒビではありませんか?

まずはヘアクラックをご紹介します。
ヘアクラックとは、主に塗膜にできるヒビで細く短いヒビ割れの総称を指します。
原因としては経年劣化や不適切な塗装作業や塗装の塗り重ねが考えられます。
 
塗料は乾くのには時間を要し、時間や環境に応じて伸縮したり膨張したりします。
塗装作業の中で十分に感覚を取られなかったり、寒暖の差が激しい時期などにこういったヒビ割れが生じてしまいます。
 

〇そのヒビは薄い筋のようなヒビではありませんか?

乾燥クラックと呼ばれるヒビは、塗装を行なった際に乾燥過程で生じるヒビです。
乾燥クラックはヒビ割れの幅が狭く、下の素地が完全に乾燥収縮する前に塗装してしまうことで発生してしまいます。
 
ただし素地が完全に乾燥すれば収縮はおさまりますので、ヒビ割れが拡大することはありません。
 

〇そのヒビは力強いヒビですか?

構造クラックとは建物が凍結と融解を繰り返したり、突然の震災などにより発生するひび割れのことを指します。
この構造ラックが起こる原因としては、建物の建て付けが悪かったり構造的に欠陥があることが考えられます。
 
こちらのクラックは乾燥クラックとは異なり、ヒビ割れ部には常に負荷がかかってしまっています。
そのため何らかの処置をしない限りはクラックが拡大してしまいます。
 
 
今回は3つの異なるクラックを紹介致しました。
もちろん、震災や建て付けの問題によるクラックを未然に防ぐことは困難です。
 
しかし、クラックの原因には塗装業者の欠陥工事もある場合も多いと理解していただけたと思います。
そのため塗装工事を依頼する場合には十分に信頼できる業者に頼みましょう。
 
信頼できる業者を選ぶ際のアドバイスとして、なるべく多くの情報を開示されている業者を選ぶことをオススメします。
業者選びをする際に、透明性がない業者はどの業界でも危険に感じるはずです。
 
また、兵庫県の株式会社DOORでは動画による劣化診断を共有するサービスや、図面を作成して塗装面積をお客様にお伝えするサービスを無料で行なっております。
兵庫県で外壁塗装や屋根の塗装をお探しの方は、是非とも株式会社DOORまでご連絡ください。

住宅の色はこの色で大丈夫?|兵庫県で外壁塗装をお探しの方へ

フランスのコルマールの旧市街やキュラソーのウィレムスタッドの街並み、インドのジョドプールはどれもカラフルでおしゃれな美しい建物・街並みとして世界的に有名ですよね。
 
これらの住宅のように、お家の色をおしゃれにしたいという方も多いのではないでしょうか。
近年では日本でも特徴的な色をした建物が多く見られるようになりました。
 
そこで本記事では、ご自宅の外壁の色選びをする際のアドバイスをご紹介します。
 

*一般的な色について

日本で多く見られる外壁の色は白色が多いです。しかし白といっても実際にはクリーム色をした家が多いですよね。
これは、真っ白にしてしまうと外壁の汚れが目立ちやすくなってしまうからです。
 
外壁の汚れというのは、いくら気を付けていても雨や風などの影響を受けて汚れてしまいます。
さらに経年劣化で塗装の力が失われることでさらに汚れが目立ってしまいます。
 
また、このことは黒色に関しても同じことが言えます。
ガルバリウム銅板や金属のサイディングボードは真っ黒ですが、汚れが目立つ傾向にあるので気をつけましょう。
 

*赤や青など目立つ色について

真紅の赤色や空のような青色を好まれる方は、外壁は経年劣化で色が薄くなっていくということを意識する必要があります。
色が薄くなると古びた感じに見えてしまいますので気を付けたいものです。
特に原色系の色に関しては色の劣化が顕著に現れてしまいます。
 
しかし定期的にメンテナスを行うことで、古びた感じを出さずに外壁の色を楽しんでいただくことができますよ。
そのため一概に「目立つ原色は駄目」ということではありません。
 

*周囲の建物との景観を考える

先ほど述べたようにご自宅の壁を目立つ色に塗装されても問題はありません。
しかし、周りが暖色系で統一されているのに一軒だけ寒色系の色にしてしまったら景観を損なってしまいます。
 
中には市や村の決まりで景観を保護する必要性がある地域もございます。
記事の冒頭で述べたような美しい景色も周囲との色合いを考えて塗装されているはずです。
個性を主張するのは良いことですが、一つの主張が原因で全体の調和を乱してしまわないように注意しましょう。
 

*コンビニやファストフード店を参考にしよう

自分の家の外壁に塗られる色を悩まれている方はコンビニやファストフード店の外壁を参考すると良いでしょう。
こういったチェーン店であれば景観を損なわないために色を変えるなどの対応を迫られる場合があるため、景観に反しないかどうかの参考にすることができます。
 
地域のチェーン店が普通の色をしているという場合は、他の住宅の色を参考にしてみると良いでしょう。
 
 
今回はご自宅の外壁の色選びに関するアドバイスをご紹介しました。
また外壁・屋根塗装専門店DOORでは西宮市・神戸市・尼崎市を中心に外壁塗装や雨漏り補修を行なっております。
本記事を通して外壁塗装に興味を持っていただいた方がいらっしゃいましたら、是非ともご連絡くださいませ。

自社施工業者が安心なその理由とは?外壁塗装業者がご紹介します!

家の外壁塗装を触ってみると手に白い粉がついたことや、よくみたらヒビが入っていたなんてことはありませんか?
そのような状態の壁を放置されては危険です。
是非ともお近くの外壁塗装業者にご相談ください。
 
しかしいきなり「ご相談ください」と言っても、どの業者に相談するのが良いかわからず困ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで本記事では、外壁塗装を検討されている方にどのような業者を選ぶのが良いかをご説明致します。
 

*外壁塗装は自社施工?

まずは、外壁塗装業者が自社施工の業者であるかどうかに注意しましょう。
なぜなら、外壁塗装業者の中には見積もりだけを行なって、実際の業務は下請けの会社に任せてしまう業者が存在するからです。
 
このような業者はお客様と実際に施工する業者の間に仲介として入る形となります。
すると、お客様からすればその仲介に払う余分な費用が発生してしまい、結果として施工のコストが上がってしまいます。
 

*イメージのズレが起きにくい

自社施工の業者を選ばれる際の利点としては、コストだけでなく、お客様と施工担当者の意思のズレを防ぐことができるという点が挙げられます。
外壁塗装を施す際には、施工に用いる塗料や施工期間などの工事の概要をお客様と相談します。
この相談の段階において、相談する業者と施工する業者が異なれば理想とのズレが生じてしまうことがあります。
 
特に塗料に関しては使用する塗料の種類により機能性や値段が大きく変わります。
下請け業者であれば、利益を最大にするためにできるだけ安い塗料で施工する業者が多いのも事実です。
その結果として、断熱効果や防音効果の低い塗料や耐用年数の短い塗料で施工することになるため、ご自宅にとっては大きなデメリットにつながってしまいます。
 

*職人の誇りがあります

自社施工の職人は契約の際に会社名をお客様に伝えているので、自分の会社の看板を背負って業務をしているという責任感がとても強いです。
そのため余計なお喋りやゴミをその場に捨てないのはもちろんのこと、業務中に迷惑となるような行為を慎み、お客様のご要望に答えられるように職人一人一人が最大限に努めております。
 
DOORでは一級建築施工管理技師をはじめとした弊社の自慢の職人が、外壁塗装の契約から施工、そして施工後の定期点検など最後まで責任を持って行っております。
弊社の強みとしては外壁塗装に限らず、防水工事、コーキング工事などの外壁修繕工事も行なっていることです。
 
外壁塗装は塗装を行うだけではなく、劣化の原因一つ一つに適した対策を行うことで耐用年数が伸び、効果がより発揮されます。
兵庫県で外壁塗装をお探しの方は是非ともDOORまでご連絡くださいませ。

たなかブログ ~第9回~ 外装劣化診断を行いました!

今回は塗り替えセミナーにご参加頂いた方のお宅の外装劣化診断でした。場所は兵庫県宝塚市でした。

 

外壁の素材はモルタル、屋根材は和瓦を使用されておりました。

 

モルタル壁の特徴は、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜて作った材料で施工した湿式工法(※コンクリート打ちや左官工事がある工法)の外壁の事です。

 

この外壁は、非常に丈夫なイメージがありますが、砂とセメントで作られているので防水性が低くなっています。

そのため雨水の侵入を防ぐための塗装をする必要がある壁材です。

 

壁材の防水性能が低下すると、徐々に水分を吸収し「クラック」と呼ばれるひび割れが発生してしまいます。これを放置してしまうと亀裂からさらに水分が入り込み、壁の内部を腐らせてしまいます。それゆえ塗り替えやコーキングの補修などの定期的なメンテナンスが必要となります。

 

こちらのお宅は、築30年経過しており、チョーキングの発生や細かいひび割れが見受けられました。

 

 

次に和瓦の特徴ですが、こちらのお宅の瓦は和瓦の中でも釉薬瓦といわれる種類のものでした。釉薬瓦とは、粘土を瓦の形にかたどった後、釉薬をかけ、窯の中で高温で焼き上げる瓦です。

 

重厚な外観や波形状の伝統美で和風の住宅によく使われています。瓦表面の釉薬(うわぐすり)がガラス造りになっていて水が浸透せず劣化しにくいため、耐久性が非常に高い屋根材です。

反面、雨仕舞いが悪いので、瓦は長持ちしますが下地の劣化のほうが早いという側面もあります。また、屋根の重量が重く、建物にかかる負荷が大きい。衝撃に弱く割れやすいという特徴もあります。

 

屋根に関しては、丈夫な瓦ですので割れや欠損などはありませんでしたが、棟の瓦を抑える漆喰の部分で苔の発生・一部欠損が見受けられました。

 

このような劣化がなぜ起こるのかをビデオ及び直接ご説明させて頂く事により、その箇所の適切な補修が見えてきます。

 

この診断は無料で行っております。診断を無料で行ったら工事しないといけないのかな?と御質問を頂きますが、工事の義務は全くありませんのでご安心下さい。

まず気軽に診断を申し込んで頂き、診断の結果、工事が必要と感じた際に見積り依頼・工事依頼を頂ければと思います。

 

 どの業者に頼めばいいか分からない、知り合いにいないなどお悩みの方は、ぜひ一度劣化診断をお申込み下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロタイムズ阪神中央店では、外装劣化診断報告書以外にも塗替えイメージのご相談も行っておりますので、お気軽にお申し付けください

塗替えイメージサンプル

 

201842410208.jpg 2018424101851.jpg

 

 

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

 

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

・塗り替えセミナーのお申込はこちら

http://www.paint-door.jp/contents/seminar/

 

 

 

 

雨漏りに困った!兵庫県の外壁塗装業者が対策を教えます!

ポチャ、ポチャ…ふとしたときにそれは突然やってきます。そう雨漏りです。
 
このように天井から直接しずくが垂れるほど雨漏りをしているケース以外にも、外壁からの雨漏りやベランダからの雨漏りもあります。
雨漏りを放っておけばご自宅の床に水たまりを作るだけでなく、壁や天井にも悪影響を与えてしまって建物の寿命を縮めてしまいます。
 
雨漏りを防ぐために、まずはその原因を知りましょう。
 

*材料の浮きや剥がれ

雨漏りの直接的な原因として棟板金の浮き、スレートのヒビ割れ、浮き、コーキングの剥がれなどが挙げられます。
スレートとは屋根や外壁などに用いられる材料の一つで、わかりやすく説明すると強いセメントを固めて塗装した板です。
棟板金というのはスレートの一番尖った部分に被せる金属の山形の板のことです。
 
この棟板金は築2年程度の家であっても、釘の打ち付けや種類次第では取れてしまうケースがあるので、取れていないか定期的にチェックする必要があります。
これらの浮きや剥がれを放っておいてしまうと水漏れがさらに悪化してしまうので、定期的に確認するようにしましょう。
 

*メンテナンス以外の対策

屋根や外壁は一年中太陽光や雨風などを受けています。
素材の浮き以外にも、屋根や外壁の経年劣化による雨漏りがあります。
 
外壁塗装や屋根、材料の中には湿気に強いものや防水機能を持つのものなど様々なものがあります。
防水性の高い塗料を外壁や屋根に塗塗ると、雨漏れの原因となる水の侵入を防ぐことができますよ。
 
加えて機能性の高い外壁塗料であれば、耐久性も10年、20年と優れているので頻繁に塗り替える必要が無くなります。
 

*新築でも雨漏りしている?

雨漏りが気になるという方の中には、新築当時から雨漏りがしているという方もいます。
そのような場合には施工不良が原因と考えられます。
 
住宅を購入された業者に連絡をすれば、大抵が保証期間内であるため対応をしてくれるはずです。
住宅瑕疵担保責任制度により築10年未満の住宅での雨漏りの修理をに関しては、その住宅の施工や販売を行なった業者が無償で修理することが義務付けられています。
このような場合には遠慮せずに依頼しましょう。
 
ご紹介した通り雨漏りの原因は様々ですが、雨漏りを起こさないための対策があります。
DOORでは雨漏り対策、防水など塗り工事に不可欠な下地の防水を行なっています。
 
ご自宅の水漏れを気にされている方は工事を一度検討されてみてはいかがでしょうか。
あなたからのご連絡をお待ちしております!

兵庫県で外壁塗装をお考えの方必見|モルタルの特徴とは?

「モルタルってなんでしょう?」
「コンクリートとモルタルの違いは?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
 
そこで今回は、本記事を通してモルタルに詳しくなっていただければと思います。
 

*モルタルとは

モルタルとは灰色の粘度のようなものです。
その正体はセメントと砂と水を練り混ぜて作られた建築材料です。
この材料をコテを使って塗りたいところに塗ります。
ペースト状で柔軟性が高いので、外壁やコンクリートの隙間を埋めるのに活躍してくれますよ。
 
また、モルタルは昔は住宅の外壁材として度々使われていました。
しかし、施工に時間がかかることや熟練の職人の技が必要であることから、他の外壁材が使用されるようになりました。
ただし、デザイン性が高く、オリジナルなものを表現する際に人気があるためモルタルはまだまだ現役だということができるでしょう。
 
最初にモルタルとは灰色の粘度のようなものと述べましたが、混ぜるものを変えることにより様々な色や模様を表現することが可能です。
混ぜ合わすセメントによっては白色にすることも可能ですし、青色にすること可能です。
そのためデザイン性に優れており、外壁の表面仕上げ・浴室・台所にも使用されます。
 
ここまでで、皆様にモルタルがどのような材料かを理解していただけたかと思います。
それでは次に、モルタルと他の外壁素材の違いをご紹介します。
 

*モルタルと他の外壁素材の違い

モルタルについての知識を深めていただくために「コンクリート」や「セメント」を紹介致します。
 
セメントはモルタルとコンクリートの材料ですが、セメント単独で用いられることはありません。
セメントは石灰石や粘土を原料として、水を加えることにより砂と砂をくっつける接着剤の役目を果たします。
 
コンクリートはそこに粗骨材を入れることによりさらに硬くします。
優れた耐久性や耐火性を備えており、マンションやダムのような巨大な建築物の建築に使用されています。
ただし、重い材料なので設計に自らの重みに耐えられるよう十分に注意する必要があります。
 
モルタルはコンクリートに比べて扱いやすいため内装にも外装にも使用されます。
セメントが含まれているので非常に丈夫なイメージがありますが、防水性は高くありません。
 
そして、モルタルの弱点としてコンクリート同様ヒビが生じやすいということが挙げられます。
ヒビ割れが発生すると、雨水がそこから侵入する可能性があり防水性の低いモルタル自体にも悪影響を及ぼしてしまいます。
 
 
今回はモルタルの特徴をご紹介しました。
 
防水性の弱点は外壁塗装で補うことが可能です。DOORでは雨漏り対策や防水など、塗り工事に不可欠な下地の防水まで行なっています。
本記事を通してモルタルが何であるか、またモルタルの特徴についてご理解していただけましたら、外壁塗装をぜひともご検討くださいませ。

兵庫県で外壁塗装をシリコンの特徴を知ろう

・家の外壁塗装に汚れが目立つ
・ひび割れが生じている
これらは、外壁塗装の塗り替えが必要な時期です。
 
家には耐久年数がありますが、外壁塗装にも同じく耐久年数というものがあります。
耐久年数を迎えると、見た目どころか外壁塗装が本来持っているはずの耐熱効果や防音効果まで失ってしまいます。
 
しかし、塗料の耐久年数は種類によって異なります。
そのためまずは塗料について詳しく知りましょう。
 
本記事では定番塗料の一つであるシリコン塗料の特徴をご紹介致します。
 

*シリコン塗料とは

シリコン塗料とは、主成分がシリコン系樹脂でできた塗料のことを指します。
ケイ素を核とした無機化合物であることから、非常に安定した性質を持っています。
また近年では、官公庁の外壁塗装にも多く採用されています。
 

・シリコン塗料の種類

シリコン塗料には水性と油性があります。
外壁塗装の塗料は溶液で溶かしてから塗布する必要があるため、水で溶かす水性のものと、油で溶かす油性のもの2種類があります。
 

・シリコン塗料の耐用年数

シリコン塗料の耐久性は8〜15年と他の塗料と比べても比較的長く、優れた塗料です。
耐久性のランキングでいえば、弊社のブログで紹介しているウレタン塗料やアクリル塗料よりも長いです。
ただし、施行費用は他の塗料に比べて少し高めなのがこのシリコン塗料の特徴です。
 
 
また、外壁塗装の塗料を選ぶときには耐久年数を気にすることも重要ですが、塗料の効果を知ることも大切です。
 

*シリコン塗料の特徴

シリコン塗料の塗膜は固く撥水性があります。
そのため汚れや埃を綺麗に弾き、長期間綺麗な塗膜を保つことができます。
 
そのことに加えて、耐熱性にも優れています。
シリコン系塗料は約600度の熱にも耐えることができます。
 
加えてシリコン塗料は光沢保持率がとても高いのが特徴です。
先ほど汚れに強いと述べましたが、光沢保持率も高いためより長い期間光沢を保ち、綺麗な塗膜を維持することができます。
 
ウレタン塗料を紹介した際に光沢がメリットだと述べましたが、すぐに汚れてしまいがちなのが欠点だと述べました。
シリコン塗料は光沢を維持できるので長期間外壁塗装を綺麗に保ちたいという方におすすめです。
 

*シリコン塗料の弱点

完璧に思われるかもしれないシリコン塗料ですが、もちろんシリコン塗料にもデメリットはあります。
アクリル塗料やウレタン塗料に比べて費用が高いだけではなく、シリコン系塗料は扱いの難しい塗料になっています。
 
また他の塗料に比べて付着性が劣るという特性もあります。
そして耐久年数の10年を目安に塗膜が固くなってしまい、ヒビ割れが生じやすくなります。
 
最後に、一概にシリコン塗料といってもシリコンの含有率によってその効果は大きく異なります。
シリコンの良さを最大限に引き出すためにもシリコンを多く含んだ塗料を使用することをおすすめします。
 
 
さて、本記事ではシリコン塗料の特徴を説明いたしました。
DOORではシリコン塗料をはじめとした様々な塗装プランを提供しております。
シリコン塗料に興味を持たれた方は是非弊社の塗装プランをご閲覧くださいませ。

6/17(日) 塚口さんさんタウン

時間 午前の部 10:00~12:00(受付開始9:45~)

   午後の部 14:00~16:00(受付開始13:45~)

会場 塚口さんさんタウン 2番館4F 集会室(大)

住所 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1

6/16(土) あましんアルカイックホール

時間 午前の部 10:00~12:00(受付開始9:45~)

   午後の部 14:00~16:00(受付開始13:45~)

会場 あましんアルカイックホール(尼崎市総合文化センター) 7F 第一会議室

住所 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16

兵庫の外壁塗装のプロが依頼から見積もり作成までの流れについて解説!

マイホームの老朽化により、雨漏りもしくは外壁のヒビなどのトラブルに悩んでいらっしゃいませんか?
 
このような問題は私生活になんの影響を与えていないと思われがちですが、放置してしまうと大きなトラブルにつながる可能性があります。
何千万もかけて購入したマイホームだからこそ大切に長持ちさせたいですよね。
そこで今回は外壁塗装をご検討の方のために、依頼から見積書作成までの流れについてわかりやすく解説いたします。
 

■まずは電話からお問い合わせ

 
以来、流れの最初は、お客様からお問い合わせいただくことから始まります。
ご自宅の外壁のヒビ割れや室内の雨漏れなどの悩みを抱えている方や定期メンテナンスを希望される方々からご相談のご依頼を承っています。
あくまでこの段階は相談ですので、一切の料金が発生することはありませんので、お気軽にお電話もしくはメールにてご一報ください。
 

■現場調査と打ち合わせ

 
次の段階は、弊社のスタッフがお客様のご自宅に伺い現場状況をチェックします。
実際に問題を抱えている外壁の状況をもとに、的確な施工のプランを提案します。
弊社では住宅の事前の建物調査は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

■調査内容の報告と見積書の提出

 
前段階で行われた現場調査の詳細の結果と施工に必要な費用の見積書を提案します。
ご住宅の外壁が一体どのような状況であり、どんな塗装を施すべきなのか、かかる施工日数など必要不可欠な情報をお伝えします。
もしこの見積書に同意して頂ければ、契約が成立なるので、次のステップは実際に施工に移るだけです。
 

■気をつけたいポイント

 
外壁塗装工事は手抜きがしやすく、悪徳な塗装業者もたくさん存在します。
塗装業界では優良業者をしっかり見つけられるかどうかによって塗装の質は大きく変わってきます。
見積もり書を依頼しただけで料金がすでに発生していたなんて事例もあります。
そのため、優良業者をしっかりと見つけるためには、信頼できる友人や知人の紹介や地元密着の優良企業に依頼することで失敗のない塗装ができます。
 

■まとめ

 
以上、外壁塗装の依頼から見積書作成までの流れについて詳しく解説いたしました。
弊社は見積もり作成まで無料で行っているので安心してご相談することができます。
外壁塗装はそれなりに費用がかかるため、まずは見積もりからご検討されてみると良いでしょう。
これを機に外壁塗装をご検討の際は、ぜひ弊店へお気軽にお問い合わせください。
ページ上部へ