Now Loading...

チョーキングが目安?外装塗装塗り替えの時期とは?


「自宅の外装の綺麗さが失われてきた。」「外装塗装の劣化が始まっている気がする。」というお悩みをお抱えの皆さん、その不安をそのままにしないでください。もし、その不安や気づきを放置しておくと、よりひどい劣化現象が起きてしまう可能性があります。
 
そこで今回は、いつかわからない、外装塗装塗り替えのサインをいくつかご紹介したいと思います。
これを読めば、ご自宅の外装がどの程度の状態なのかがわかり、塗り替えの時期も検討しやすいと思いますので、是非一度ご覧になってみてください!
 
■外壁がなんとなく薄汚れている、艶がない
このような状態は劣化現象の最初の段階として捉えましょう。
この段階で、「いち早く塗り替えをしなくては。」と焦る方も少ないとは思いますが、楽観しすぎもいけません。
この状態は見た目的にもよくないですし、塗料の機能的にも新品の時の効能がほとんど失われている状態と見て間違いいないからです。
 
艶があるうちは、表面の塗膜が汚れや紫外線などから壁をしっかりと守ってくれますが、この状態はその効果がほとんど期待できません。
だからこそ、これからの期間でどんどん劣化が進行してしまうのです。
 
■チョーキング現象が起こっている
チョーキング現象というのは、塗料の中の顔料が表面に浮き出てしまって、粉状になっている状態のことを言います。
この状態で外壁に肌や服をつけると、塗料の粉が付着してしまうでしょう。
この状態になったら、外装塗装の塗り替えを検討しても良いかもしれません。
 
というのも、これは先ほど述べた「外壁のツヤがない状態」の進行形であり、この先に待っているのはひび割れや剥がれなど、直接外壁に関わってくる劣化状態だからです。
外壁に直接ダメージが行く前に、メンテナンスとケアをすることで家の価値を保つことが大切かもしれませんね。
 
■壁にひび割れ(クラック)がある。
これは間違いなく塗り替えをしなくてはならない状態でしょう。
塗装のみが剥がれている小さなひび割れならまだしも、それが積み重なると、家にも影響のある「構造クラック」という大きなひび割れにつながってしまいます。
そうなる前に、お早めのアフターケアで家を綺麗で安全な状態に保ちたいところです。
 
■まとめ
以上が、外装塗装を塗り替えるタイミング、そしてサインになります。
皆さんのご自宅の外装で当てはまる状態はあったでしょうか。
もし、「これはやばいかもしれない。」と不安の思った方がいらっしゃいましたら、ぜひお早めに、塗り替えのプロDOORに塗装のご相談をお願いいたします。
納得の金額と工事の質で、あなたの家の外装を元のような綺麗な状態にお戻しします!