Now Loading...

外壁塗装の予定日が雨の予報だけど、外壁塗装して大丈夫?


外壁塗装を依頼する際や外壁塗装を契約した後に、
「外壁塗装の予定日が雨の予報になっている」「実際に外壁塗装の当日に雨が降っている」
「外壁塗装した後、すぐに雨が降ってくる」
こういったことが気になるという方や、不安に思う方はたくさんいらっしゃると思います。
というわけで、今回この記事では、「雨の日でも外壁塗装は大丈夫なのか?」ということに焦点を当ててご説明してきます。
 
◆雨の日はもちろんのこと、外壁塗装後に雨が降ってきてもアウト
塗料が完全に乾燥しきる前に雨が降ってしまうと、外壁に塗った塗料が雨で落ちてしまいます。
ですので、雨の日はもちろん、塗装後、雨がすぐに降りそうな日には塗装業務はできません。
予期せぬ雨が降ってしまい後日塗りなおしになることもあります。
しかし、塗り直すために料金を請求する業者はほとんどありません。
 
雨の日には、塗装以外の作業をする業者の方が多いと思います。
例えば、外壁や屋根を塗装する際には、塗装工事用の足場を組み立てる必要がありますのでそういったことをすることはあります。
 
◆雨が降らなくても湿度や気温によっては塗装できない日もある!?
外壁塗装の際に雨の心配をされる方がほとんどですが、意外にも雨のような天候以外にも塗装ができなくなる日が存在します。
例えば、気温が5℃未満の日であれば、気温が低いので塗料が固まらないという問題が起きてしまいます。
多くの塗料の施行説明書にもこれは明記されています。
 
そのため、冬場の外壁塗装はできないことを懸念される方もいらっしゃると思いますが、一部の地域を除いて多くの地域では、冬でも外壁塗装をすることは可能です。
 
また、湿度90%以上の日のも外壁塗装はできません。湿度が高い日には、空気中の水分が外壁塗装の際に塗料に混ざるのでうまく塗装できません。無理に塗装を行うと耐久性に問題が起こしてしまいます。
 
 
◆ここまでのまとめ
ここまで、「雨の日の外壁塗装は大丈夫なのか?」ということに焦点を当てて説明してきました。基本的に、雨の日や雨が降ることが予想される日には塗装業務をすることはできません。
その代わりに、塗装以外の業務を行うことはあります。塗装の予定日が悪天候であると塗装を延期する必要があり、何度も予定をすり合わせる必要があります。
したがって、できるだけ雨の日が多く続きやすい梅雨の時期はもちろん、気温や湿度にも少し注目して外壁塗装を依頼するようにしましょう。