Now Loading...

外壁塗装を依頼するなら塗料の種類は知っておこう‼


みなさんは、お住まいの地域で外壁塗装工事をされている住宅を見かけたことがありますか。
住宅は10年以上外壁のメンテナンスを怠っていると、塗装が剝がれたり、外壁の汚れが目立ったりするようになってきます。
多くの方は、一部の塗装の剝がれや汚れを見つけても気にせずに放置されています。
 
しかし、塗装の剥がれや汚れを放置していると、気付いた時には多大な費用をかけて、外壁塗装を依頼しなければならないといったことにもなりかねません。
 
そうなる前から、しっかりと外壁塗装について知っておくことが必要です。
今回、この記事では、外壁塗装の種類についてご紹介したいと思います。
 
 
◆最も人気の高いシリコン系塗料
外壁塗装で最も定番の塗料です。人気の理由は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。
耐用年数は、10~12年ほどとされていて、外壁塗装の塗料として申し分のない耐用年数です。
 
それ以外にも、防水性や防汚性といった外壁を雨や汚れから守ってくれる機能にも優れています。
また、人気が高いため、シリコン系塗料は種類が多いです。
家の外壁塗装を考えるなら基本的にはこれを基準において考えていくのがいいかもしれません。
 
◆シリコン系塗料よりも耐久性のあるフッ素系塗料
シリコン系塗料よりも耐久性が高いのが、フッ素系塗料です。
耐用年数は、15~20年ほどで、耐久性の高さでは他の塗料よりも頭1つ抜けている塗料です。
この耐用年数の長さもあって、大きな建造物にはこのフッ素系塗料が使われています。
 
もちろん、シリコン系塗料と同様に防水性や防汚性の機能もあります。
しかし、シリコン系塗料に比べて、費用が少し高いのが現状です。
多くの方が、塗装の劣化が他に比べて早い屋根に塗装する、といったように場所を選んで塗装します。
 
◆2つの塗料に比べて、耐久性は劣るがメリットもあるウレタン系塗料
ウレタン系塗料は上の2つに比べて、耐用年数が5~10年と少し短い間です。
その分、価格が上の2つよりも安いことが特徴です。
 
ウレタン系塗料は、ウレタン材特有の光沢があるので、他の塗料で出しにくい色合いや光沢を出すことができます。
また、ひび割れがしにくので、ひび割れが原因による塗装の劣化を防ぐ効果が期待できます。
 
 
ここまで、外壁塗装の種類についてご紹介してきました。
外壁塗装は塗料ももちろんですが、屋根なのか壁なのかといった塗装する場所や、家全体なのか一部なのかといった規模によっても料金や塗装工事の期間も変わってきます。
外壁塗装をお考えの際には、まず外壁塗装の専門店に相談するようにしましょう。