Now Loading...

外壁塗装のタイミング!チョーキング現象は塗り替えのサイン!


マイホームを持っている方がするべきことの一つに外壁塗装があります。
しかし、外壁塗装をすることを忘れる方が多くいらっしゃいます。
中には、家を購入した後、一度も外壁塗装をしていない方もいらっしゃるでしょう。
 
そのため、外壁塗装の塗り直しが必要なケースが多くあると思います。
特に、家の外壁にチョーキング現象がある方は注意が必要です。
そこでこの記事では、危険を示してくれるサインであるチョーキング現象についてご紹介します。
 

◆チョーキング現象とは?

 
皆さんは、チョーキング現象がどのようなものであるか知っていますか?
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、簡単に説明すると、外壁塗装で塗布した塗料が落ちて、白い粉になってしまう現象のことです。
 
この現象は、簡単に発見できます。
その方法は、外壁を手で触るというものです。
チョーキング現象が起こっている場合は、手に白い粉がついてしまいます。
この現象を放置してしまうと、更なる悪影響を及ぼして、様々な被害が起こることが予想されます。
そのため、チョーキング現象を見つけた場合は、できるだけ早めに外壁塗装の塗り直しをすることをおすすめします。
 

◆チョーキング現象の意味とは?

 
チョーキング現象が起こっているということは、先ほどもお伝えしたように外壁塗装で塗布した塗料が落ちてしまっている状態であり、簡単に言うと、劣化してしまっているわけです。
 
なぜ劣化したのかというと、外壁は常に外の悪天候や強い日差しによって、ダメージを与えられているからです。
そして、劣化しているということは、本来外壁塗装によってもたらされている効果が発揮されていないということです。
つまり、無防備な状態で家が外からダメージを与えられているのです。
その状態が続くと、ひび割れや塗膜の剥がれなどにもつながるので、チョーキング現象は危険な状態なのです。
 

◆とるべき対応

 
皆さんは、ここまでお伝えした内容から、チョーキング現象の危険性を感じたと思います。
外壁が家を守ってくれないと、家の機能や寿命にも影響を及ぼします。
そのため、チョーキング現象を発見した場合には、早急に外壁塗装をすることをおすすめします。
 

◆まとめ

 
この記事では、危険を示してくれるサインであるチョーキング現象についてご紹介しました。
多くの方が、チョーキング現象は危険だと感じたのではないでしょうか。
チョーキング現象を発見した場合には、更なる被害が出る前に、外壁塗装を検討するのが良いでしょう。