Now Loading...

外壁塗装の塗り替え時期を示すサイン!外壁塗装をする意味とは?


外壁塗装は、いつすればよいのか分からないという方が多くいらっしゃいます。
また、本当に外壁塗装に意味があるのか疑問に思っているという方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの記事では、外壁塗装の塗り替えの時期や外壁塗装をする意味についてご紹介します。
 

◆外壁塗装の意味

 
皆さんの中には、外壁塗装の必要性が分からないという方がいらっしゃると思います。
しかし、外壁塗装は必ず行うべきです。
では、外壁塗装をする意味は何なのでしょうか?
 
外壁塗装をする意味を考えると、中には「外観をきれいにするためでしょ?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、外壁塗装をすることで、外観はきれいになりますが、最も重要なことではありません。
 
外壁塗装をする最も重要な意味は、建物を守ってくれるということです。
建物は、強い日差しや雨などの影響を受けて、劣化してしまいます。
その劣化のスピードを抑えるためには、外壁塗装をすることが効果的なのです。
 

◆外壁塗装をするべきサイン

 
外壁塗装をする意味を知ったところで、次に外壁塗装をする目安となるサインを知りましょう。
劣化具合によって現れるサインも変わるので、劣化具合別にお伝えします。
 
・ツヤがなくなる
外壁塗装したばかりのころは、ツヤのあった塗料でも、時間が経つにつれて、ツヤが薄れてしまうことがあります。
そこまで劣化は進んでいませんが、一応注意をしておくと良いでしょう。
 
・色あせ
色あせも劣化を示すサインです。
紫外線の影響で、塗装直後よりも色が薄くなることは多くあります。
色あせと同じように、そこまで劣化は進んでいませんが、気にしておくと良いでしょう。
 
・チョーキング
チョーキング現象は、外壁を触れた際に手に白い粉が付くかどうかで確かめられます。
この状態は、外壁塗装に使用した塗料の効果を失っているので、できるだけ早めに外壁塗装をして、更なる被害を防ぎましょう。
 
・塗膜の剥がれ
塗膜が剥がれてしまうことは、かなり危険な状態です。
外壁の一部が壊れてしまっているので、そこから外壁材に雨水が侵入して被害を及ぼすことがあります。
 
・ひび割れ
ひび割れも、深刻な外壁塗装をするべきタイミングのサインです。
ひび割れ部分は、かなり雨水が侵入しやすくなっています。
できるだけ早めに外壁塗装をして、家を守りましょう。
 

◆まとめ

 
この記事では、外壁塗装をする意味と外壁塗装をするべき時期のサインについてご紹介しました。
劣化が進んでしまうと、大規模な補修工事が必要になるなど、後々対策が大変になるかもしれません。
そのため、できるだけ早めに外壁塗装をしましょう。