Now Loading...

外壁塗装の塗料!ウレタン塗料にはどのような特徴がある?


皆さんは、外壁塗装の塗料をどのように選びますか?
実際に塗料によって、性能や寿命がかなり変わってきます。
しかし、どの塗料を選べば分からなという方が多くいらっしゃるでしょう。
そこでこの記事では、幅広い場面で使われるウレタン塗料についてご紹介します。
 

◆ウレタン塗料の特徴

 
ウレタン塗料は、かなり多くの方が使用されている塗料です。
ウレタン塗料の特徴は、他のしっかりとした基本性能が備わった塗料よりも費用が安いということです。
 
また、ウレタン塗料は様々な用途に使われています。
その理由としては、硬化剤の量を変えることで、異なる効果を発揮できるためです。
このように場所を選ばない凡庸性も特徴の一つとなります。
 
さらに、ウレタン塗料はたくさん使われているため、カラーバリエーションやその他の種類が豊富です。
そのため、色にこだわりたい場合などは、ウレタン塗料を選ぶのも良いでしょう。
 
反対にマイナスな特徴としては、劣化によって変色しやすく、特に紫外線によって影響を受けやすいということがあります。
 
もちろん、どの塗料を使っても劣化はするのですが、他の高機能塗料と比べると、美観が損なわれやすいことは否めません。
また、耐久年数が6~10年程度と、シリコン塗料やフッ素塗料などと比べると少し物足りないかもしれません。
したがって、より機能性が高かったり、耐久年数が長かったりする塗料を求めているのであれば、シリコン塗料やフッ素塗料など高機能な塗料を選ぶと良いでしょう。
 

◆ウレタン塗料をおすすめする人

 
ここまで、ウレタン塗料の特徴についてお伝えしました。
ウレタン塗料のメリットとデメリットの両方を理解したところで、実際にウレタン塗料はどのような方におすすめであるのかをご紹介します。
それは、低価格で基本性能が備わったものを手に入れたいという方です。
 
ウレタン塗料は、基本性能が備わっているのにもかかわらず、低価格を実現しています。
もちろん、予算に余裕がある場合は、高機能塗料であるシリコン塗料やフッ素塗料を使用した方が良いですが、費用を安く抑えながら、性能がしっかりとした塗料を選びたいのであれば、ウレタン塗料がおすすめです。

 

◆まとめ

 
この記事では、幅広い場面で使われているウレタン塗料についてご紹介しました。
ウレタン塗料には、様々なメリットやデメリットがあります。
そのため、他の様々な塗料と費用や機能、耐久年数などを比較して、予算とバランスの良い塗料を選ぶようにすると良いでしょう。