Now Loading...

外壁塗装の耐久年数とは?|兵庫県から塗装について解説します!


外壁塗装をお考えの方で、塗装をどれくらいの頻度でしたら良いのか、またどのタイミングで塗装をしていけば良いのか分からず悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
いずれの悩みにおいても外壁塗装における耐久年数を把握しておくことで解決できるのではないでしょうか。
塗装の耐久年数は「塗料」によって違ってきます。
そこで今回は塗料による耐久年数の違いについてご説明していきたいと思います。
 

[アクリル塗料]

アクリル塗料はコスパの高い塗料として知られています。
耐久年数はあまり高くなく、おおよそ4~7年と言われています。
 

[ウレタン塗料]

ウレタン塗料は比較的耐久度が安定しています。
こちらもアクリル塗料と同様にコスパの高い塗料として認知されております。
耐久年数は大体6~10年と言われております。
 

[シリコン塗料]

シリコン塗料の耐久度は高いです。
色落ちや汚れに強いこと、さらには防カビ性なども高いとして知られています。
現在においては外壁塗装で最も使用されることの多い塗料となっております。耐久年数でいうと約8~15年と言われております。
 

[ラジカル系塗料]

ラジカル系塗料とは、近年発売されたばかりのフレッシュな塗料です。
まだ使用している家は少ないですが、耐久性とコストのバランスがよく、人気が上がってきています。
耐久年数の目安としては8~15年と言われています。
 

[フッ素系塗料]

フッ素系の塗料は他の塗料と比べて費用が高いです。その分耐久度は高く、外壁塗装に使う塗料の中ではトップクラスです。
よって、これまではオフィスがたくさん入っている大きなビルや、商業施設などに使用されることが多かったのですが、最近になって住宅の外壁用にも使用されることが増えてきました。
耐久年数の目安は15~20年と言われています。
 

[遮熱系塗料]

こちらもフッ素系塗料と同様に耐久年数は非常に高く、大体15~20年と言われています。
遮熱系塗料は省エネ効果があることで有名で、エコや環境に優しいので自治体によっては遮熱系塗料を使用することに対して補助金が出る場合もあります。
 
 
以上、外壁塗装をお考えの方に向けて、塗料別の耐久年数の違いを特徴と共にお伝えしました。
それぞれの塗料に特徴があり、それを使用することに対して一長一短があります。
ご自身が望むものは何かを考え、それをもとに塗料を選ぶことで、満足度が上がることでしょう。
上述したことを外壁塗装の際の参考にしていただけると幸いです。