Now Loading...

ウレタン塗料の特徴について|兵庫県にて外壁塗装


外壁塗装をお考えの方の中には、どういった塗料を使用して塗装をしていくか迷っている人も多いでしょう。
シリコンやウレタン、フッ素系塗料など様々ある塗料の中からご自身のニーズに合わせ、かつそれらの塗料を使用することのメリット・デメリットを知ってから選ぶことが好ましいです。
そこで今回は、ウレタン塗料の特徴について説明していきたいと思います。
 
 

[値段と耐久性]

一般的に塗料はグレード別に分けられています。代表的な塗料のグレードの高い順に、上から「フッ素系塗料」「シリコン系塗料」「ウレタン系塗料」「アクリル系塗料」です。
これらグレードの高いものほど耐久性が強く、それほど価格が上がっていきます。
つまり、この中で一番価格が低いのが「アクリル系塗料」で一番耐久性が高いのが「フッ素系塗料」になります。
 
多くのお客様はコストと耐久性のバランスを考慮し、どういった塗料をご自宅の外壁に使用するのかを決定していきます。
ウレタンの耐久年数は約5〜8年で費用の目安は70万円と言われております。
 

[その他のメリット・デメリット]

価格と耐久性は塗料を選ぶ上の大きな二つの基準になりますが、より深く塗料を理解し使用する塗料を選んでいくにはそれ以外の面も見ていくと良いです。
ウレタン系塗料のメリットとして、まず一つに樹脂が柔らかいので密着性が高いといったことが挙げられます。
これは外壁がひび割れしにくいといったウレタン系塗料の特徴にもつながってきます。
 
次に光沢があることです。光沢があることにより外壁に高級感を演出することができます。
さらに挙げられるウレタン系塗料のメリットとしては木部やその他の細かなところなど細部においても使用することができるといった点があります。
さまざまな場所に使えるということはウレタン系塗料の大きなメリットの一つとなっております。
 
一方デメリットとしては、紫外線に弱いということです。日光に当たることにより劣化し色落ちがしやすくなっております。
また、その他の塗料と比較して少し汚れやすいといった点もデメリットとして挙げられます。
 
 
以上、ウレタン系塗料の相対的な値段と耐久性、さらにそれら以外の要素の特徴についてご説明しました。
ウレタン系塗料は、コスパが良い塗料として多くの方に人気です。
その理由はもちろん価格と耐久性の面もありますが、上に述べたひび割れのしにくさや高級感を演出できるなどの特徴があるからではないでしょうか。
上述したことを、外壁塗装の際の塗料選びの参考にしていただけると幸いです。