Now Loading...

たなかブログ ~第1回~ プロタイムズってなに?


プロタイムズは塗料メーカー直営であり、現在120の加盟店がある屋根・外壁のリフォーム会社です。

 

このプロタイムズの最大の強みは塗料メーカーと塗装店が終結しているところです。塗料メーカーの理想とする施工方法と塗装職人の経験とをしっかり連携させ、よりよい品質の施工をお客様に。というのが創業の理由です。

 

今までの私の中での塗装のイメージとしては、塗装において職人の方の勘と経験で施工されていると思っていました。

プロタイムズでは塗装の下塗り後に時間をおいて施工責任者が下塗りチェックをした後に「塗布量」と「乾燥時間」を厳守し、塗り重ねしていきます。これは塗料がもつ性能効果と耐久性を最大限に発揮するためです。この、塗料メーカーと塗装店が連携してより良い品質をお客様に提供していけるのがプロタイムズの強みです。

 

また、塗装の品質を確保するためにプロタイムズでは大きく3つ約束していることがあります。

 

  • 標準塗装仕様を遵守します

  上にも少し書きましたが、どんなによい塗料を使っても、塗料のもつ機能が発揮できなければ意味がありません。機能を活かすために、塗装メーカーが指定する基準塗布量や塗り重ね乾燥時間などの標準塗装仕様を厳守します。

 

  • 全物件に対し外装リフォーム図面を作成します

塗装面積を把握していないと塗装の使用量が決まらず、標準塗装仕様を厳守することができません。プロタイムズでは独自の専用CADソフトで、建物の外装リフォーム図面を作成し塗装面積を正確に算出します。

 

  • 材工別見積りに基づき価格を算出します

プロタイムズでは、塗装の品質を確保するために、塗装面積・塗料メーカー名・塗料使用量などを明確にするため、材料費・施工費を別に算出し、お客様にご提出します。

以上の3点をお約束して施工に取り組んでいきます。

 

 お客様に対しては、外壁劣化診断士がビデオカメラを用いて建物の全体的な状況把握を行います。この内容はDVDでお客様にお渡しするので家族全員で確認できます。そしてこの実測結果を元に診断報告書を作成し、正確な工事のご提案をしていきます。

 

また、施工中に関しても近隣への挨拶・工程表の配布はもちろん現場ボードにて当日の工事内容のお知らせを行っております。そして工事中の気になることや不在中の工事進捗の把握をお客様と職人がスムーズにコミュニケーションがとれるように「塗り替え交換日記」というものもあります。このように工事内容が見えるように進めてまいります。

 

施工後は、工事にかかわった全ての書類を整理し「住宅履歴情報ファイル」として提出しています。これはメンテナンスの時期を把握し、それにより今後の工事の必要性を見極める材料となります。

 

プロタイムズでは、1回の塗装工事ではなく、「お客様の家を守る」住まいのサポートを全力でさせていただきたいと思います。