Now Loading...

兵庫の外壁塗装プロが教える塗装の平均耐久年数とは?


築10年以上も経つと、もうそろそろ塗装の塗り替えの時期かな?と外壁塗装をご検討中の方がいらっしゃるかと思います。
しかし、世間的に外壁塗装に関する知識はあまり知られていないので、一体塗装をどれくらいの頻度を要するのか、また塗装のタイミングっていつなんだろう?と塗装に関する疑問があると思います。
 
実は外壁塗装の耐久年数は「塗料の種類」によって異なってきます。
そこで今回は、代表的な塗料の種類とその平均的な耐久年数について解説いたします。
 

【塗料の種類とその平均耐久年数】

 
・アクリル系塗料
アクリル塗料は約30年以上前に主流で使われていた塗料です。
グレードは塗料の中で一番低く安価ですが、使い方次第ではこの塗料を好んで使われる方もいらっしゃいます。
 
メリットは価格が安くコスパが高い点が現在でも一定に好まれています。
またツヤがありはっきりとした色合いになるので、外観を重視される方にはとてもお勧めです。平均耐久年数は6~8年ほどです。
 
・ウレタン塗料
ウレタンには柔らかい性質があり、細部塗装に適しているので万能塗料とも呼ばれます。
耐久年数が他の塗料と比べると劣るところが欠点ですが、使い勝手が良くウレタン特有の光沢ある塗膜が高級感あふれる品のある外壁にしてくれます。
またウレタンは素地の表面を樹脂で覆うため、次回の塗装のメンテナンスがとても楽なこともメリットの一つです。
耐久年数は7~10年ほどです。
 
・シリコン塗料
外壁の塗料において一番人気と言われているのが「シリコン塗料」です。
人気な理由は価格の割に耐久性が高いことです。
また色落ちや汚れに強く、防カビ性もなどの機能性が高いことも人気の理由の一つです。
 
現在ではシリコン塗料をベースとした様々な特殊塗料も開発されています。
耐久年数は12~15年ほどです。
 
・ラジカル塗料
「ラジカル」とは酸素や紫外線、水などが顔料に接触することで生まれる劣化因子のことを言います。
ラジカル塗料は、そんな塗膜の劣化の原因となるラジカルを制御する機能を持った塗料です。
2012年に出てきた塗料のため、比較的新しい塗料です。
耐久年数は14~16年ほどです。
 
・フッ素塗料
フッ素塗料は耐久性はもちろん、耐熱性、防カビ性、防水性、親水性などあらゆる機能を兼ね備えており、すべての塗料の中で一番長持ちする塗料です。
外観を今のまま長期間維持したい方や、外壁予算にあまりこだわらない方にとっては良い選択の一つでしょう。
耐久年数は15~20年ほどです。
 

■まとめ

 
以上、塗料の種類とその平均耐久年数についてご説明いたしました。
ご覧の通り塗料によって耐久年数は全く変わってきます。
外壁塗料をご検討の際は、ぜひこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。