Now Loading...

兵庫の外壁塗装のプロがすすめる自社施工が安心な理由とは?


みなさんこんにちは。ご自宅が築10年以上も経つと、「家の外壁が汚れている」「外壁にヒビが入っている」といった劣化現象が外壁を中心に現れてきます。
しかし、いざ外壁をどうにかしたいと思っても、一体どんな業者に依頼すればいいのかわからない方がとても多いです。
 
外壁塗装は何度も行うものではないため、世間的に外壁塗装に関する情報はあまり知られていません。
そこで今回は、あらゆる塗装業の中で、自社施工が良いとされる理由についてご説明いたします。
 

■自社施工とは?下請けとどう違うの?

 
自社施工とは名前のとおり、自分の会社の人間が直接工事の施工を行うことです。
自社施工の反対は下請けであり、大手のハウスメーカーや工務店が顧客から引き受けた仕事を下請けに依頼し施工をします。
この場合、ハウスメーカーと下請けの間には中間マージンという手数料が発生します。
一方で自社施工を謳っている会社は直接自社で施工を行うため、無駄なマージンが発生することなく、通常より安くすることができます。
 

■自社施工のメリット

 
先ほどでも述べましたが、自社施工の業者は自社の人間が直接すべての施工工程を行うため、無駄な手数料が発生することがありません。
また、自社施工の会社の営業マンも施工を担当するのが普通ですが、大手企業の営業マンは自ら施工の現場に立つことがないため、施工内容や塗料の品質について詳しく説明をすることが難しいです。
 
担当の営業マンが塗装について説明が不十分であれば、お客様に不安と誤解を与えてしまう可能性がありますよね。
一方で自社施工の営業マンであれば、塗装に関する知識が豊富なため、お客様のニーズに合わせた塗装提案を提供することができ、何か疑問や質問があればその場で解決することができます。
 

■優良塗装業者を見極めるポイント!

 
自社施工と謳っている業者なら安心!とは限りません。
中には自社施工と謳っていながら実は施工を下請けにすべて丸投げして手数料だけ取っている会社もいます。
そのために、自社施工でも優良業者かどうか見極める必要があります。
 
・免許や資格の有無
・十分な施工実績
・保証や保険の充実度
・見積書の内容
 
これら4つのポイントを基準に塗装業者を選定すると良いでしょう。
 

■まとめ

 
以上、外壁塗装において自社施工をすすめる理由についてご説明いたしました。
しかし必ずしも下請けに出すこと自体が悪いとは限りません。
中には確かな技術と信頼のある業者も存在します。
 
あくまで業者を選ぶひとつの基準として参考して頂ければ幸いです。
これを機に外壁塗装をご検討の際は、ぜひ弊社へお気軽にお問い合わせください。