Now Loading...

兵庫で外壁塗装をする!失敗しない住宅の外壁の色選び方法!


みなさんこんにちは。「マイホームが築10年を過ぎた」「外壁の汚れが気になる」など、様々な理由により外壁塗装をご検討の方がいらっしゃると思います。
特に外壁塗装において色選びは大変重要なことです。しかし、一体どんな色の塗料を選べばいいのかわからないですよね。
 
一度に何十万のお金がかかるのですから、慎重に選びたいものです。
そこで今回は、失敗しない外壁塗装の色選びのポイントについてご紹介したいと思います。
 

■落ち着いた色を選ぼう!

 
失敗しない外壁の色を選ぶ際、「周りの風景に溶け込むような落ち着いた色」にしておいた方が無難です。
なかには派手な色や奇抜な色、独特な色を選びたい方もいらっしゃると思いますが、周囲の風景に溶け込めずかえって悪目立ちしてしまいます。
 
失敗しない色を選ぶなら、「ナチュラルで目立ちすぎない色」を意識するように選びましょう。
親しみやすく抑えめの鮮やかさであれば、温かい印象を与えることができます。
同時に「汚れが目立ちにくい」ということを忘れてはいけません。
 
特に白や黒は非常に汚れが目立ちやすいです。
パステルなグレーやベージュなどがよく好まれています。
 

■周辺の住宅の色に溶け込めるかどうか

 
周辺の住宅の外壁の色を確認します。
自分の家の色とご近所さんの外壁の色が調和のとれた色になるかどうかも考慮する必要があります。
自分の住む街並みをじっくり見て、調和のとれる色を意識して選ぶと良いでしょう。
 

■同じ塗料の現場を見せてもらおう

 
気に入った色をカラーサンプルなどで見つけたら、実際にその色を使用している現場に連れて行ってもらいましょう。
実際に塗装されたものを見るのとカラーサンプルだけじゃイメージが全く異なってきます。
もし現場を見せたくないようなそぶりを見せれば、何か実績にやましいことがあるかもしれません。
 
その場合は他の業者に依頼した方が良いでしょう。
もし現場を見せてくれた場合は、汚れや塗料の飛び散り、色あせがないかなど気になったところを隅々までチェックしておきましょう。
 

■大きめのサンプルを用意してもらおう

 
最終的に色を何種類か絞ることができれば、塗装店に大きめのカラーサンプルを作成してもらいましょう。
中にはすでに作成してくれる場合もありますが、小さなもので見るより大きなもので見た方が視覚的に判断しやすいので、必ず行っておきましょう。
大きめのカラーサンプルを実際に外壁にくっつけてみて全体のイメージを想像することができます。
また光の当たり具合で色は変わってくるので、そこもチェックしておきましょう。
 

■まとめ

 
以上、失敗しない外壁塗装の色選びのポイントについてご紹介いたしました。
これを機に外壁塗装をご検討の方は、ぜひこちらの記事を参考にしていただければ幸いです。
何かご不明点やご質問などがございましたら、弊社へお気軽にお問い合わせください。