Now Loading...

兵庫県で外壁塗装をシリコンの特徴を知ろう


・家の外壁塗装に汚れが目立つ
・ひび割れが生じている
これらは、外壁塗装の塗り替えが必要な時期です。
 
家には耐久年数がありますが、外壁塗装にも同じく耐久年数というものがあります。
耐久年数を迎えると、見た目どころか外壁塗装が本来持っているはずの耐熱効果や防音効果まで失ってしまいます。
 
しかし、塗料の耐久年数は種類によって異なります。
そのためまずは塗料について詳しく知りましょう。
 
本記事では定番塗料の一つであるシリコン塗料の特徴をご紹介致します。
 

*シリコン塗料とは

シリコン塗料とは、主成分がシリコン系樹脂でできた塗料のことを指します。
ケイ素を核とした無機化合物であることから、非常に安定した性質を持っています。
また近年では、官公庁の外壁塗装にも多く採用されています。
 

・シリコン塗料の種類

シリコン塗料には水性と油性があります。
外壁塗装の塗料は溶液で溶かしてから塗布する必要があるため、水で溶かす水性のものと、油で溶かす油性のもの2種類があります。
 

・シリコン塗料の耐用年数

シリコン塗料の耐久性は8〜15年と他の塗料と比べても比較的長く、優れた塗料です。
耐久性のランキングでいえば、弊社のブログで紹介しているウレタン塗料やアクリル塗料よりも長いです。
ただし、施行費用は他の塗料に比べて少し高めなのがこのシリコン塗料の特徴です。
 
 
また、外壁塗装の塗料を選ぶときには耐久年数を気にすることも重要ですが、塗料の効果を知ることも大切です。
 

*シリコン塗料の特徴

シリコン塗料の塗膜は固く撥水性があります。
そのため汚れや埃を綺麗に弾き、長期間綺麗な塗膜を保つことができます。
 
そのことに加えて、耐熱性にも優れています。
シリコン系塗料は約600度の熱にも耐えることができます。
 
加えてシリコン塗料は光沢保持率がとても高いのが特徴です。
先ほど汚れに強いと述べましたが、光沢保持率も高いためより長い期間光沢を保ち、綺麗な塗膜を維持することができます。
 
ウレタン塗料を紹介した際に光沢がメリットだと述べましたが、すぐに汚れてしまいがちなのが欠点だと述べました。
シリコン塗料は光沢を維持できるので長期間外壁塗装を綺麗に保ちたいという方におすすめです。
 

*シリコン塗料の弱点

完璧に思われるかもしれないシリコン塗料ですが、もちろんシリコン塗料にもデメリットはあります。
アクリル塗料やウレタン塗料に比べて費用が高いだけではなく、シリコン系塗料は扱いの難しい塗料になっています。
 
また他の塗料に比べて付着性が劣るという特性もあります。
そして耐久年数の10年を目安に塗膜が固くなってしまい、ヒビ割れが生じやすくなります。
 
最後に、一概にシリコン塗料といってもシリコンの含有率によってその効果は大きく異なります。
シリコンの良さを最大限に引き出すためにもシリコンを多く含んだ塗料を使用することをおすすめします。
 
 
さて、本記事ではシリコン塗料の特徴を説明いたしました。
DOORではシリコン塗料をはじめとした様々な塗装プランを提供しております。
シリコン塗料に興味を持たれた方は是非弊社の塗装プランをご閲覧くださいませ。