Now Loading...

塗装にも耐久年数がある?兵庫県で外壁塗装をお探しの方必見


塗料が剥げていたり、よくみたらヒビができていたなんてことはありませんか。
塗料も私達と同じ生き物です。
 
そのため寿命があり、年数とともに劣化します。一般的な外壁塗装の耐久年数は10年で、屋根塗装は8年です。
もちろん地域の気象条件や壁の接している向きによって劣化の状況は変わります。
 
さらに新築であれば安物の塗料を使っている場合が多いため、耐久年数は10年未満である場合が多いです。
塗料はもちろん種類によっても耐久年数が異なります。
 
そのため、まずは塗料別のそれぞれの耐久年数を知りましょう。
 

〇アクリル樹脂の耐用年数とは?

まずはアクリル塗料をご紹介します。
アクリル塗料は最もお手頃なのですが、耐久年数は5年程度と大変短くなっています。
 
また新築の場合はアクリル系塗料で塗装されているケースがほとんどです。
新築の家に住まれている方は、住み始めてから5年が経過したタイミングで外壁の状況を一度業者にチェックしてもらうことをオススメします。
 

〇シリコン系塗料の耐用年数とは?

一般的に多く使用されている塗料の一つにシリコン系塗料があります。
耐久年数は10~12年で耐久性もよく安心して施工していただけます。
 
また、シリコン系塗料は定着性がよくどんな素材にも塗布してくれます。
「普通の塗料でいいから低価格で抑えたい」という方におすすめです。
 

〇UVカットクリア―塗料の耐用年数とは?

次に透明塗料のUVカットクリアーをご紹介致します。
この塗料はその名の通り、外壁に塗布した際に乾くと透明になるため、外壁の模様や色などをそのまま残すことができます。
 
こちらの耐久年数も10年程度でシリコン系塗料と同じです。
ただし新築時から15年以上経過した外壁の色落ちが激しい壁、ヒビや劣化の激しいには透明でそのまま見えてしまうので不向きということができます。
 

〇フッ素系塗料の耐用年数とは?

最後に、耐久年数が約15年のフッ素をご紹介致します。
フッ素は塗料の中でも最高級と言われ、汚れにくく艶も長持ちします。
一度の塗り替えで長持ちさせたいという方や、より高い耐熱性、耐寒性を求める方におすすめです。
また、飲食店や美容室など外観を綺麗に保ちたい方にもおすすめです。
ただしフッ素は塗膜が硬く、密着性がよくないため一度フッ素を塗布してしまうと、次に施工する際もフッ素塗料でないと上手く塗布しないという特性があります。
 
今回は様々な塗料の耐久年数や特徴に関してご説明いたしました。
外壁塗装の塗料を選ばれる際は、目的に応じて選ぶことをおすすめします。
DOORでは本記事で紹介したシリコン系塗料やフッ素塗料を始めとした5つの外壁塗装プランを紹介しております。
外壁塗装をお考えの際には、是非DOORまでご相談くださいませ。