Now Loading...

外壁塗装は自社施工の業者が安心な理由を兵庫県の業者が解説します!


外壁塗装の業者を選ぶ際に、どのような業者に頼めば良いか分からないという方はいらっしゃいませんか。
確かに、外壁塗装の業者といっても、業者ごとに様々な特徴があってなかなかはっきりした違いを見つけるのは難しいかもしれません。
 
しかし、数ある外壁塗装専門業者の特徴の中でも一つおすすめできる特徴があります。
それが自社施工です。
今回は、その自社施工についてや自社施工が安心な理由についてお伝えします。
 

・外壁塗装の自社施工とは

一般的に外壁塗装を業者に依頼した場合、その後の業者内の流れは2パターンあります。
 
まず一つ目は、その施工の依頼を受けた元請けの会社が、下請けの会社に工事を依頼して、外壁塗装の工事自体を下請けに任せるという流れです。
次に、施工の依頼を受けた会社そのものが外壁塗装の工事を行う流れで、これが自社施工の外壁塗装です。
 

・外壁塗装の自社施工が安心な理由

では、なぜ外壁塗装の自社施工が安心なのでしょうか。
その理由は大きく分けて2パターンあります。
 

□手抜き工事の発生を防ぐ

下請けの会社に頼むと、元請け、下請けの二重にマージンを取られることになり、現場に十分なお金が回らないことがままあります。
工事をするにあたって、必要とする資金が十分にないままに工事を始めろと言われれば手抜きが起こりうるのもうなずけますね。
 
自社施工を行うことで、このマージンの重複を防げると同時に、工事をする社員の管理も依頼先がそのまま行っているため、直接的かつ効果的なマネジメントが見込めます。
これによって、手抜き工事を起こりにくくなります。
 

□情報伝達ミスを防ぐ

元請け、下請けの二重構造になっていると、情報伝達ミスが起こりえます。
伝言ゲームでもそうですが、情報の伝達はその間にいるプレイヤーが多ければ多いほど起こりやすいです。
元請け会社が現場にいくら丁寧にわかりやすく伝えるといっても、依頼者本人が直接伝えるよりもニュアンスを表現できません。
 
自社施工の場合は、依頼者本人が伝えたイメージが施工現場によりダイレクトに伝わるため、自分の思った通りの外壁塗装が行える可能性が高いです。
 

□リーズナブルな工事

中間マージンの重複を防ぐことによって、その分リーズナブルに工事ができます。
依頼者から現場までに余計なものを挟まないことで、双方にとって利益のある形で施工が行えます。
 
 
外壁塗装の自社施工が安心な理由についてご理解いただけましたでしょうか。
より依頼者と現場の距離を近くすることで、依頼者にとってはリーズナブルで思い通りの塗装ができ、施工会社にとってはミスなく効率的に仕事ができるのが自社施工のメリットと言えます。
 
外壁塗装をお考えの際には一度自社施工という言葉を思い出してみてください。