Now Loading...

外壁塗装の耐久年数は塗料によって違う?兵庫県の外壁塗装業者が解説


外壁塗装は数年ごとにメンテナンスが必要であることをご存知ですか?
実は、外壁塗装にはそれぞれ塗料ごとに耐用年数があり、その期間を過ぎると塗りなおす必要があります。
もしそのまま放置していると、塗装だけではなく建物自体のダメージとなり、雨漏りや骨組みの腐食など安全に住む上で障害が多発します。
 
では、外壁塗装に使われる塗料はどれくらいで耐久年数を迎えるのでしょうか。
今回は、外壁塗装の耐久年数と長持ちさせるための秘訣をお伝えします。
 

・外壁塗装の耐久年数

外壁塗装の材料には多くの種類があり、その種類によって耐久年数が違います。
 
アクリル系塗料:5年程度
ウレタン系塗料:8年程度
シリコン系塗料:10年程度
ラジカル系塗料:10年程度
フッ素系塗料:15年程度
 
ご自宅の外壁塗装に使われている塗料はどの塗料でしょうか。
使われている塗料を知ることで、塗りなおしのタイミングを大まかに把握できます。
 
また、一般的にこれらの塗料は耐久年数が長いほど価格も高いですが、安い塗料を使って結局頻繁に塗りなおすことになってはもったいないですよね。
値段と塗りなおしのタイミングを長期的な目線で考えて、使う塗料を決定されることをお勧めします。
 

・外壁塗装修繕のタイミング

では、実際にどのような場合に外壁塗装を塗りなおすべきなのでしょうか。
一番分かりやすいのはチョーキング現象です。
 
チョーキング現象とは、外壁を触るとチョークのような白い粉が手につく状態になることです。
チョーキングが起きていると、外壁塗装の耐久年数を過ぎているという判断ができます。
この場合以外にも、塗装がひび割れていたり、剥がれていたりする場合も同様に耐久年数を過ぎているため、塗りなおしを考えた方が良いかと思われます。
 

・長持ちさせるためには

とはいえ、外壁塗装の塗りなおしはお金がかかりますし、そう頻繁にしたいものではありませんよね。
では、外壁塗装の耐久年数を長くするためにはどうすれば良いのでしょうか。
 
実は、自分でできることはそう多くありません。
一番重要なのは、丁寧に施工をしてくれる業者に依頼することです。
外壁塗装の耐久年数は、業者の腕にかかっているといっても過言ではありません。
 
塗装の際に下地をしっかりときれいにしてから塗装しているか、正しい塗装の手順や方法で行っているかということが重要なのです。
口コミでどれくらい信用できる業者かを調べることが大事です。
 
 
外壁塗装の耐久年数についてご理解いただけましたでしょうか。
しっかりとご自分の家がどれくらいで耐久年数を迎えるか把握して、住み心地もよく見た目も綺麗な家に長く住まれることをお勧めします。