Now Loading...

外壁塗装の耐久年数とは?|兵庫県の外壁塗装業者が解説します


「外壁塗装は何年くらい持つのだろうか」
「外壁塗装の耐久年数について知りたい!」
「新築を建ててからしばらく経った。どのくらいで外壁を塗り直してもらえば良いのだろうか?」
 
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
新築を建ててからしばらく経ったことにより、外壁が剥がれ、薄くなっている方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装の耐久年数について気になりますよね。
 
そこで今回は、「外壁塗装の耐久年数」についてご紹介いたします。
 

□外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装といっても様々な種類の塗料があります。
 
外壁塗装の塗料は主にアクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素系の4種類存在します。
塗料によって耐久年数の目安も変わってきます。
それぞれにメリット・デメリットがあります。
 
外壁の塗り直しを考える際には、ご自宅の外壁がどの塗料を使っているのか、そしてどの塗料がご希望に一番合うかについて確認しておくと良いでしょう。
 

□塗料ごとの耐久年数

 
ここでは、4種類の塗料ごとの耐久年数について解説していきます。
 

*アクリル系塗料

アクリル塗料は、塗料の中では最も安くて軽いという特徴を持っています。
一方で、他のどの塗料よりも耐久年数は短いです。
アクリル塗料の平均耐久年数は「約4年」です。
とにかく安く済ませたい方やこまめに塗り替えたい方にはオススメです。
 

*ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は、防水・耐水・密着性に優れています。
アクリル系よりは値段が高くなりますが、耐久年数は伸び、「約6年」です。
予算を抑えたい方や、ちょっとした塗装の剥がれが気になる方にオススメです。
 

*シリコン系塗料

シリコン系塗料は、価格、耐久性ともにバランスが良く、コストパフォーマンスが高い塗料となっています。
シリコン系塗料は防カビ・防汚・防水性に優れています。
シリコン系塗料は「約13年」の耐久性を持ちます。
費用対効果の高い塗料を使いたい方にオススメです。
 

*フッ素系塗料

フッ素系塗料は価格は高くなりますが、耐久性が長いことが特徴です。
フッ素系塗料の耐久性は「約18年」です。
長期的に考えると1年あたりの価格は安いです。
 

□最後に

以上、外壁塗装の耐久年数についてご紹介いたしました。
塗料ごとの耐久年数や、平均的な耐久年数についてご理解いただけたでしょうか?
 
兵庫県で外壁塗装をお考えの方は、是非株式会社DOORまでご連絡ください。
 
↓株式会社DOORのホームページ↓