Now Loading...

外壁塗装のタイミングを知りたい!


外壁をいつ塗り替えればいいのか分からずに

ずっと放置していませんか?



外壁は気象や、日当たりなど様々な条件によって

劣化のスピードが変わってきますので

○年で外壁はだめになる!

と断言することはできないのです。



そこで今回は、外壁の劣化状況を見て

外壁塗装を判断する方法をご紹介いたします。



外壁が劣化してしまってまず現れるのが

汚れや色褪せですよね。



まだこの状態であれば

塗り替えなくても大丈夫です。



次に現れるのが壁に白い粉が付着するチョーキング現象というものです。



外壁塗装はこのチョーキング現象が現れた時点で行うことが

大切になります。



チョーキング現象が発生してしまうと

クラック(ひび割れ)が発生し、

どんどん建物の構造に問題がでてくる事態がおこってしまいますから

はやめの対処が必要になるというわけです。



チョーキング現象の時点で外壁塗装を行うと

クラックを埋めるために行うコーキングという作業はいりませんし、

もちろんそれ以降の作業も短縮されます。



その分、手間も費用も省くことができるというわけですね。



クラックや塗装のはがれ、カビが発生するほど

外壁が劣化しているのに

それを放置してしまいますと

後々大がかりな作業が必要になりますので注意してくださいね。

お問い合わせ 0120-99-8258