Now Loading...

屋根がすぐに劣化してしまうのは何故?


外壁は常に見る場所ですから劣化しているとすぐに分かりますよね。



けれども、屋根は普段目につかない部分であるため、

あまり劣化について気にしない人が多いと思います。



屋根は外壁よりも随分と劣化が早く、

外壁の劣化に気づいた時には既に屋根の状態が深刻になっている可能性もあります。



では、なぜ屋根の劣化はこんなにも早いのでしょうか。



原因として、屋根は外壁よりも紫外線が直接あたりますし、

雨風などにさらされやすい状況に置かれています。



ですから、屋根も定期的なチェックが必要となります。



屋根に苔や藻が生えている場合はそろそろ

塗り替える時期だと思っていいでしょう。



そのまま放って多くと、雨水が浸透してしまい

建物の構造体を腐食してしまいます。



建物の構造体が劣化してしまいますと

場合によっては茸き替えなければならないのです。



茸き替えとなりますと、費用が大幅にかかってしまいますので

早めに塗り替えるようにしましょう。



屋根は劣化に気づきにくく毎日チェックできるものではないですから

耐久性に優れているフッ素系塗料などを使用することをおすすめしますよ。



毎日かかさずに私たちを守ってくれる屋根ですので、

大切にしましょうね。

お問い合わせ 0120-99-8258