Now Loading...

エアコン周辺部からの雨漏りの原因


雨漏りは屋根の破損だけが原因とは限りません。



特に壁に雨水が浸みだすような場合では屋根から水が漏れて壁に伝うケースがあるのは確かですが壁から直接水が漏れていることも考えられます。



屋根の破損を調査するのは手間も費用もかさみますので、壁から水がしみだしている場合は先に壁自体の調査をすることをお薦めします。



まず雨漏りの原因で考えられるのは建物にエアコンのホースを通すための穴から直接雨水が入ってきているということです。



新築備え付けの場合はエアコン業者がエアコンの取り付け作業を行った後も建築会社が取り付け後の確認を行いますのでさほど問題はありません。





しかし、後付でエアコンを家電販売店等に依頼した場合、取り付けの多くの業者は建設関係の専門業者ではありません。



多くは電器店の器具設置係でしょう。



その為、手抜き工事がほとんどと言われ、外と室内を繋ぐホースの穴の隙間を埋める作業が完全ではないことが多いのです。



この隙間はシーリングと言うパテで隙間を埋める技術を必要としますが、シーリングの処理作業が不十分であることが多く見られます。



この為、一定期間を経過すると隙間から水が漏れてくるのです。

お問い合わせ 0120-99-8258