Now Loading...

はしごをしっかり支えるために


高所の作業を行うときにははしごを使用します。



庭木の手入れや屋根の修理、雨樋の掃除などいろいろな場面ではしごが活躍します。



この、はしごでの作業は高所で行うので落下などすると大きな怪我を負うリスクがあります。



この落下事故は、はしごそのものが痛んでいたり、部品が取り付けられていないことが原因で発生するものよりも、ヒューマンエラーによるものがその大半を占めています。



天板の上に立って作業を行うと当然バランスが崩れやしいですし、地面がまっすぐ平らでない所に無理やり設置しての作業も事故の原因になります。



また、服装も作業に適したものでないと動きにくかったりしますので十分注意が必要です。



はしごの固定には、はしごの内側から屋根側に引っ張ったり、はしごの下部と自宅の一部をロープで結ぶなどのしておけば安定して作業が出来ます。



また、危険防止のためはしごでの作業は1人では行わず2人以上の複数人で行うのが理想です。



2人いれば、はしごの足元をしっかり押さえてもらうこともできますし何かあったときに救助を呼ぶことも出来ます。

お問い合わせ 0120-99-8258