Now Loading...

雨漏りによる健康被害


屋根の塗装の劣化が進んできたり、下地が傷んでくると、雨が染み込んできて、やがて雨漏りが始まります。



雨漏りは家の木造部分をどんどん腐らせていくため、家の劣化につながり、耐久性が低くなります。



また、湿っている場所にはシロアリが集まりやすく、いつの間にか柱などの木材がボロボロになっていたというケースもあります。



このように、雨漏りをそのままにしておくことで、家の価値はどんどん下がっていきますが、雨漏りには、家の寿命を短くするだけではなく、健康被害につながっていくという一面もあります。



雨漏りが続く事で家の中の湿度が高くなりますが、湿度の高いところに発生するカビも、種類によってはアレルギー感染症の原因になり、身体に良くない影響を及ぼします。



アレルギーのみでなく、カビの匂いに悩まされることもあります。



また、カビはダニを集める原因にもなり、アトピーなどアレルギーや呼吸器疾患に発展することもあります。



このため、雨漏りを見つけたら、できる限り早めに場所を特定して、修理をすることをおすすめします。



早めに修理をすることで被害も最小限に防げますし、費用も抑えることができます。

お問い合わせ 0120-99-8258