Now Loading...

工事前には必ず近隣への挨拶を


様々なリフォーム工事を行う機会は家が古くなるにつれて多くなってきます。



内装や水回り等の内部工事であれば、近隣への挨拶は不要ですが、塗料を用いたり足場を組んで行うような作業の場合はあらかじめ、ご近所へ工事することと迷惑をかけることを告げておく必要があります。



塗料を使用する場合は塗料が風で飛散して洗濯物や車などに付着する場合もありますし、異臭も発生することが多いでしょう。



また、足場を組むような工事ではトラックの出入りによる交通問題、工事の騒音も出てくることは間違いありません。



騒音や異臭が発生するであろうことを一言断っておくのが最近の常識です。





工事開始前に必ず一度は挨拶へ行くようにしたいものです。



最近では工事業者の責任者が近隣家庭を回って、工事予定表などをわたして挨拶をしてくれるケースが多いとは思いますが、顔見知りであるご近所へは工事主自らが挨拶をしておいた方が無難です。





まったく無断で工事を行った場合、特にクレームがなかったとしても実際には何らかの不満を持っている人がいたりするものです。



結果的にご近所トラブルへと繋がるので注意が必要です。