Now Loading...

大阪市淀川区Jビル 屋上防水工事


20171017144128.JPG 20171017144153.JPG 

 

 

 

20171017145632.JPG 2017101714577.JPG

20171017145818.JPG 2017101715043.JPG

下地処理をします

 

201710171524.JPG

プライマーを塗ります

 

2017101715312.JPG 2017101715332.JPG

通気シートを貼ります

 

2017101715448.JPG 2017101715519.JPG

下塗りをします

 

2017101715612.JPG 2017101715712.JPG

上塗りをします

 

 

2017101715844.JPG ⇒ 2017101715912.JPG

before                          after

 

大阪市淀川区でマンション屋上の防水工事を行いました。

屋上の防水工事は数年前に一度、ウレタン防水を行っていました。前回のウレタン工事がウレタンの密着工法だったのであちらこちらに膨れや切れている箇所が多くみられました。

RC造(鉄筋コンクリート)の屋上の床に直接、ウレタン防水を密着させると鉄筋コンクリートの中にある水分が蒸発できず防水を膨れさせる原因になります。そのため屋上の防水はウレタン防水を塗る前に一度、通気シートを貼ってからウレタン防水を塗ることが好ましいです。通気シートは接着面が接着するところと接着しないところが、あみだくじ状になっており接着剤が塗っていないところを蒸気が通り、脱気筒から抜ける仕組みです。これによりコンクリート建物全体が呼吸できるようになり、膨れが出来て破れたりひび割れて切れることがなくなります。

 写真にある緑色の床は古いウレタン防水です。あちらこちらが割れているのがわかります。ウレタン防水を塗る前に不良個所は撤去しモルタルなどで補修をして平らに仕上げます。

 そのあと、透明なプライマーを塗りきれいな青色のシートを貼ります。これが通気シートになります。そのあとにウレタン防水を塗ります。写真では薄いグレー色に仕上げた床がウレタン防水を塗った後になります。その後、トップコート(グレー色)を塗ってウレタン防水が劣化しないように保護塗料を塗ります。

 

最後のbefore施工前とafter施工後の写真がありますが、施工後の右端に移っているシルバーの管が脱気筒になります。

 

屋上の防水工事はウレタンの通気工法にすれば10年保証を工務店だけではなくメーカーも出してくれますので屋上の防水工事のご提案やアドバイスさせていただきます。

 

関西、阪神間(西宮市、尼崎市、伊丹市、芦屋市等)、神戸市、大阪市の工事に関してのお問い合わせはお気軽にご連絡ください。

 

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム