Now Loading...

尼崎市S様邸 外装劣化診断


 

 

今回は兵庫県尼崎市にて外壁及び屋根塗装のお考えから、セミナーにご参加頂きましたお客様でした。

 

 

2018320145231.jpg 2018320145249.jpg

外壁やコーキングにヒビが入っています

 

 

外壁の素材はモルタル壁、屋根材はスレート屋根を使用されておりました。

 

 モルタル壁の特徴と致しましては、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜて作った裁量で施工した湿式工法(※コンクリート打ちや左官工事などがある工法)の事を言います。

この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、実は素材自体の防水性能はほとんどなく、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。

 

防水機能を果たしている塗膜が劣化してきますと、徐々に水分を吸収しクラック(ひび割れ)と呼ばれる亀裂が生じます。

これを長期間放置されますと亀裂からさらに水分が入り込み、壁の内部を腐らせてしまうので塗り替えやコーキングによるひび割れ補修など、定期的な点検・メンテナンスが必要です。

またリシン材の吹付けを行いますとリシン材自体が吸水し、吹付け塗膜が浮いてしまい欠落等に繋がってしまいます。

 

 屋根材に関しましては、スレート屋根(カラーベスト)を使用されておりました。

 

スレート屋根の特徴といたしましては厚さ4.5mmと軽量の為、耐震性にとてもよく優れた素材となります。但し、凍害及び塩害に弱く北海道などの寒冷地域では使用されることのない素材となります。素材の主成分は85%がセメント、15%が石綿(アスベスト)等で形成されております。

 

 素材の主成分がセメントの為、素材自体に防水性能はありません。ですので、塗装による防水性能の向上が必要な素材となります。防水性能が切れますと、素材自体が水を吸水し、耐久性が著しく低下致します。低下致しますと素材自体のひび割れ、欠落、ズレ、浮き等に繋がります。また、屋根材を釘で止めておりますので釘を伝って家の中への漏水の危険性があります。

 

新築時に素材自体に簡易的な塗装がされておりますが、アクリル系の塗装となりますので耐久年数5~7年程で劣化致します。ですので、1回目の塗装時期といたしましては10年前後を推奨させて頂いております。

 

 まず、提案書を制作する前に、リフォーム図面を作成致しました。『外装劣化診断士』という有資格者が屋根、外壁の現状の傷みを把握し、どのような施工が必要なのかをビデオにより診断致します。診断の際、撮影したビデオを施主様のテレビをお借りし撮影させて頂きます。現状の説明から、どのような手直しを行うのかを、プランニングします。

 

 業者だけではなく、お住まいの手直し箇所を施主様と共に決めることで、塗装後の明確な『イメージ』を持っていただけるからです。

 

 プランニング内容を決めたら、『リフォーム図面』の作成を行います。

 

 塗装を行う際必要なのは、『塗布面積』『使用缶数』『乾燥時間』となります。お住まいの平面の㎡数からサッシ廻りを抜き、また付帯物(樋・雨戸等)の数量もお出しします。

 それにより、必要な塗料が出ます。面積が多ければ金額が上がり、少なければ必要缶数に足らず耐用年数が下がります。

 プランニング内容、リフォーム図面を駆使し、しっかりとした提案書を作成致します。

 

 今回の物件ですが、劣化診断を行いましたのは、去年の8月でした。

 

10年前に一度塗装を行っておりましたが、劣化診断を行った当時から雨漏れをしており、家の中に漏水しておりましたが、ご家庭の都合で今年度の春に塗装とお伝えされておりました。

 

 劣化診断ですが、やはり半年前に行った状態と今の状態では劣化は進んでおりました。

リフォーム図面の㎡数は変わることはありませんが、下地の状態を考えたときに、半年前にお出しした提案書から下塗りを1工程増やさせて頂きました。

 しっかりと現状の状態から、ベストの工事を行うために何が必要か考える必要があります。

 

 再度ご提案内容の説明をしっかりと行い、打ち合わせすることで工事が始まってから『ここは塗るの?』『ここは補修しないの?』という不安をなくします。

その為にも施主様との事前のプランニングが必要となります。

 

 また、私たちはしつこい営業は行いません。施主様の塗装のタイミングなどがあることは私たちも重々理解しております。しっかりと塗装を行う時期を考え、そこに向けて行動していく事が大切になります。

 

 施主様からも、お手紙は頂いたが、しつこい営業は一度もなかったとお褒め頂き、ご契約の流れとなりました。

 

 どこに工事を頼んでいいのかわからない、知り合いにそういう方がいないと不安を抱えている方がおられましたら、ぜひ一度私たちに御相談頂ければと思います。

 また、親しい業者様がおられる方は、このブログ内容で診断を行って頂けるように御相談してみるのも一つの手段です。

 皆様のリフォーム工事をお手伝いさせて頂ければと、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

 

外装劣化診断報告書(※一部サンプル)

2018320143155.jpg 2018320143234.jpg

2018320143251.jpg 2018320145332.jpg