ホーム>料金の目安>マンション・アパート向け

マンション・アパート向け

マンション・アパートのオーナー様へ

2016517153617.jpg

工事詳細

2016517151210.jpg

2016610143635.jpg

2016610144049.jpg

日本の賃貸住宅の空室率は年々増加。2013年は18.9%。
5部屋に1部屋は空き部屋がある計算です。
 
空室率が増加している理由の一つに、お客様の「価値観」の変化が考えられます。
賃貸住宅に入居するのは20代~40代の若年層がメインです。
この世代は生まれた頃からキレイな環境で育ってきた世代です。
部屋探しの条件には「駅からの近さ、周辺環境の良さ、家賃が手頃」もありますが、「外観や内観のきれいさ」といった見た目も重視する傾向にあります。
 
最近の若者は友人関係を大事にします。友人を家に呼ぶ際に一番気にするのが建物の外観です。
手すりがサビていたり、汚れが目立ったり、古びた家には友人を呼びにくい・・・。
それよりは、多少家賃が高くても、友人を呼びやすいキレイなマンションを借りよう、と考えます。
 
上の表からもアパート、マンションに住んでいる人は年々増え続けています
入居者が増えている一方で、空室率も年々増加しています。
これは競争が激しくなってきており、入居者様のニーズに合っていない賃貸住宅の空室が増えているのが原因です。
 
だからこそ、入居者様(若年層)のニーズに合った賃貸住宅づくりが必要なのです。
せっかく立地や家賃に納得できても、外観に不満があれば、よりキレイな外観の競合が選ばれてしまいます。
 
 
そういったマイナス要素を無くしていくことが、入居率を向上させる第一歩です。
 
家賃を下げれば空室が埋めることができた以前とは違い、現在はお客様の求める水準が高くなり、競争も激しくなってきています。
今後はその時代に合った賃貸住宅でなければ、入居者様に選ばれにくくなっているのです。
 
そこで、外観を定期的に手入れした場合の家賃シミュレーションを作成しました。
シュミレーションの結果から、塗装工事に費用が掛かっても、家賃収入で十分に元が取れることがわかります。
2016610155136.jpg
2016610155220.jpg
また、25年間手入れをしない場合は、構造体にダメージを受けていることが多く、外壁材の張り替えなどの補修が必要となり、予想以上に別途多額の費用がかかることとなります。
「定期的に外観を良く修繕し、入居者の満足度が高いアパート」の方が、空室率対策になり、25年間で1,600万円も収入が変わります
定期的な外壁塗装をオススメします。
 
2016517153617.jpg
 
工事詳細
 
2016517151210.jpg
 
ページ上部へ