ホーム>施工実績>戸建て住宅>尼崎市次屋U様邸 外壁塗装工事
戸建て住宅

尼崎市次屋U様邸 外壁塗装工事

尼崎市次屋U様邸 外壁塗装工事
尼崎市次屋U様邸 外壁塗装工事

施工箇所

外壁塗装、付帯部塗装、ひび割れ、剥離補修、漆喰打替え 瓦交換 波板交換、軒天張替え

外壁塗装

アステックペイント 超低汚染リファイン1000Si /10年保証

付帯部塗装

日本ペイント ファインウレタンU100

使用色

外壁:スムースクリーム

付帯部:チョコ

コーキング工事

サッシ廻りひび割れ部

工事期間

2017年11月24日~12月15日

担当営業

東山

担当職人

佐藤

ご依頼のきっかけ

塗替えセミナー

 

2018112155923.JPG 20181121600.JPG

201811216026.JPG 

割れていた瓦を新しいものと交換しました

201811216138.jpg 20181121621.jpg

201811216218.jpg 201811216237.jpg

漆喰を打替えました

201811216339.jpg 201811216355.jpg

高圧洗浄で汚れをきれいに落とします

201811216438.jpg 201811216456.jpg

ケレンをして表面を平らにします

201811216524.jpg 201811216545.jpg

201811216613.jpg

下塗りをしていきます

201811216656.jpg 201811216716.jpg

201811216740.jpg

中塗り・上塗りときれいにムラなく塗ります

2018112161024.JPG 2018112161046.JPG

2018112161116.JPG 2018112161138.JPG

201811216128.JPG 2018112161234.JPG

使用塗料

 

 

 

 

今回は兵庫県尼崎市にて外壁の塗り替えは考えているが2棟予定があり、どちらからしなければならないか費用が分からない。ということから塗り替えセミナーにご参加された方でした。

外壁はモルタル壁にリシン吹付け、屋根は無釉薬瓦を使用されておりました。

 モルタル壁の特徴と致しましては、セメントと砂(細骨材)を1:3の割合で水と練り混ぜて作った裁量で施工した湿式工法(※コンクリート打ちや左官工事などがある工法)の事を言います。

 この外壁は非常に丈夫なイメージがありますが、実は素材自体の防水性能はほとんどなく、塗装をすることで素材を水から守る役割をしています。

防水機能を果たしている塗膜が劣化してきますと、徐々に水分を吸収しクラック(ひび割れ)と呼ばれる亀裂が生じます。

これを長期間放置されますと亀裂からさらに水分が入り込み、壁の内部を腐らせてしまうので塗り替えやコーキングによるひび割れ補修など、定期的な点検・メンテナンスが必要です。

またリシン材の吹付けを行いますとリシン材自体が吸水し、吹付け塗膜が浮いてしまい欠落等に繋がってしまします。

無釉薬瓦とは、粘土を瓦の形にかたどった後、釉薬をかけずに仕上げた瓦です。

この瓦には大きく分けて3つの種類があり、生地をそのままで焼き上げる『素焼き瓦』と、原料に金属酸化物を練り込みその発色を利用した『練込瓦』、また、特殊な焼成方法で独自の色を出す『窯変瓦』があります。

和風住宅の屋根、日本建築のお城や寺院なでによく使われております。

断熱性や通気性が高く、素材のリサイクルができるので環境性にも良いというのが特徴となります。また塩分を含んだ水による塩害や、寒さによる凍害をおこしやすい特徴があります。瓦自体が重く耐震性は低い為、近年では塗装工事をされる際に屋根の履き替え工事を行う方も増えてきております。

和瓦自体の塗装は近年では専用の塗料が開発されておりますが、基本的には塗り替えは不必要な素材となります。棟の箇所に漆喰という素材が使用されていることがほとんどで施工の際、漆喰の欠けや割れがありますと漆喰の新設工事が必要となります。

もし漆喰が割れたまま放置されますとその箇所から雨が吸水され、雨漏れの原因へと繋がります。

 今回、施主様は傷み具合がどの程度進んでいて、どのような工事が必要なのかを気にされておりました。ですので、外装劣化診断を行い、リフォーム図面を作成し、施主様のお住まいにあったご提案をさせて頂きました。

 外壁自体のひび割れや塗膜の浮き・剥離が多くみられたため、その箇所に関しましては一度ケレンという作業で壁材を落とし、モルタル材にて再形成を行いました。

 モルタル壁ですと目地(コーキング)という概念がない方が多く、工事内容に入っていない事が多くありますがサッシ廻りからの雨漏れは非常に多い為、モルタル壁であってもサッシ廻りのコーキング施工は行ってあげる必要があります。

 下地の補修が終わり乾燥させる期間が必要ですので、その間に屋根の漆喰新設工事及び割れている瓦の差し替え工事を行いました。

 漆喰に関しましては少しのひび割れですと上から増し塗りをする方もおられますが、そのひび割れから吸水が発生し内部がボロボロという事が多くありますので、しっかりと旧漆喰を落としてから施工が必要となります。

 瓦の割れに関しましては、そのまま放置されますと下に落ち、住居者様・通行人の方々にあたる可能性がありますので、差し替え工事を行いました。

 外壁塗装に関しましては、汚れに強い塗料((アステックペイント 超低汚染リファイン1000si-R)を施工致しました。角に建っている家ですので、美観性を気にされていたことからこの塗料を選ばれました。

 外壁塗装を行う際、乾燥時間・使用缶数が重要となる為、図面をしっかりと作成しご提案することが重要となります。

 塗料の乾燥時間は、最低でも大体4時間は必要の為、一日で3回塗りを終えることはできません。乾燥時間を守らなければ下塗りの材料が硬化不良を起こし、剥離を起こしやすくなるため塗料の性能を十分に発揮することが出来ませんのでご注意下さい。

 波板・軒天に関しましては経年劣化により割れなどが発生していた為、今回の工事で新設致しました。

 外壁や屋根は素材、仕上げなどによって塗料使用の選定が必要となります。皆様のお住まいにあった塗料というものがあります。

 もし、何を塗ればよいかわからない・どれくらい傷んでいるの?こだわりたいポイントがある。とお悩みの方は、ぜひ一度、お気軽に御相談下さい。

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

 

E-mail : info@doorinc.jp

ページ上部へ