ホーム>施工実績>ビル・マンション・アパート>大阪市西成区マンション 外壁塗装・屋上防水工事
ビル・マンション・アパート

大阪市西成区マンション 外壁塗装・屋上防水工事

大阪市西成区マンション 外壁塗装・屋上防水工事
大阪市西成区マンション 外壁塗装・屋上防水工事

施工箇所

外壁塗装 鉄部塗装 屋上防水

外壁塗装

上塗り:日本ペイント パーフェクトトップ

下塗り:日本ペイント パーフェクトフィラー

    アステックペイントジャパン ホワイトフィラー

付帯部・階段塗装

日本ペイント 1液ファインシリコンセラUV

使用色

外壁:ND-503

   ND-342

階段:C25-80W

付帯:C19-30D

コーキング工事

サッシ廻り 外壁目地 ひび割れ補修

工事期間

平成30年5月10日~7月30日

 

 

 

 

20181011125442.jpg 2018101112555.jpg

20181011125526.jpg 20181011125545.jpg

高圧洗浄で剥がれかけの塗料や外壁表面に付着している汚れ、カビ、藻、苔などをきれいに洗い流します。

壁面の汚れをきちんと落としていない状態で塗装すると、不純物が壁面に残ったままの状態になるので、

塗料がうまく密着せずにすぐに塗膜が剥がれてきてしまう可能性があります

 

20181011125742.jpg 20181011125812.jpg

20181011125916.jpg 20181011125942.jpg

サッシ廻りや外壁目地の古いコーキングを撤去し、プライマーを塗布してから新しくコーキングを打ち替えます

 

2018101113541.jpg 201810111361.jpg

2018101113621.jpg 2018101113642.jpg

外壁の欠損部をモルタルで埋めて補修します

 

2018101113918.jpg 2018101113943.jpg

2018101113107.jpg 20181011131024.jpg

ひび割れや欠損部を補修後、パターン(模様)を復旧します

完全に目立たないようにすることはできませんが、模様を付けることで補修跡を目立たないようにすることができます

 

20181011132128.jpg 20181011132148.jpg

フィラーで下塗りをします

微細なひび割れ、凹凸や段差、ピンホール(表面の細かな穴)がある場合、表面を平滑にしたり穴を埋めるために使用します

 

20181011131714.jpg 20181011131742.jpg

日本ペイント「パーフェクトトップ」で中塗りをします

 

20181011152033.jpg 20181011152119.jpg

上塗りをします

こちらの塗料は、ラジカル(塗膜を劣化させる成分)制御付きで、防藻・防カビ・低汚染の塗料となっています

 

20181011152430.JPG 20181011152452.JPG

20181011152519.jpg 20181011153810.jpg

非常階段の塗装をしました

 

2018101116120.JPG 20181011161214.JPG

鉄部の古い塗膜や錆を落とすケレン作業を行います

 

20181011161428.JPG 20181011161447.JPG

2018101116159.JPG 2018101116168.JPG

サビ止めを塗ります

 

20181011163618.jpg 20181011163637.jpg

20181011163735.jpg 2018101116385.jpg

鉄部、付帯部の塗装をしました

 

2018101116445.jpg 20181011164431.jpg

20181011164514.jpg 20181011164548.jpg

屋上の防水工事をしました

 

 

 

 

 

 

 

今回は西成区にあるマンションの塗装、及び防水工事をおこないました

 

 

外壁材はALCボードが使用されていました

 

ALCボードとはセメント・生石灰・けい石・発泡剤を主原料として成型したスウェーデン発祥の素材で、「軽量気泡コンクリート」とも呼ばれるコンクリートの1種です。

 

コンクリートと聞くと硬くて重いというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ALCは内部に気泡の穴が空いており、空隙部分が全容積の80%を占めているため、水に浸すと浮くほど軽量な素材です。一般的には通常のコンクリートの約1/4の重量となっています。

 

また、この気泡に含まれた空気が層をつくり、熱の伝わりを抑制し、夏の暑さや冬の寒さから室内を一定の温度に保つ断熱効果が期待できます。

 

ALCは耐久性も高いため、建築物の構造材料として戸建住宅から高層ビルまで、外壁、屋根、床用などさまざまな用途で使用されています。

定期的にメンテナンスをすれば、50年程度は外壁張替えなどの大規模工事が不要です。

現在の傾向として、30年で建て替えるよりも50年以上長く住むというものがあり、

「建て替える」から「メンテナンスをして長く住む」と考え方がシフトしているので、この高い耐久性は非常に頼もしいものとなっています。

 

しかし、主成分がセメントであるため、吸水性が非常に高い素材となっています。

スポンジと同じで、一度水が入ってしまうと空気の層を伝って壁材全体に一気に水が回りますので、定期的な補修・塗装が必要な素材になります。

 

外壁表面を守る塗膜が劣化すると、ALC内部の気泡に水が浸入→冬場の寒さによって内部の水が凍結→凍結により水が膨張しひび割れが発生、といった現象が起こり、建物自体の耐久性を低下させる恐れがあります。

塗装をする際には防水性の高い塗料を選択し、外壁表面を水から保護することが大切です。

 

 

今回の工事では外壁のクラック(ひび割れ)や欠け、コーキングの劣化が見られたため、欠損部をモルタルで補修し、ひび割れ部にはUカットを行いコーキングで補修しました。

 

幅0.3mm以下、深さ4mm以下の微細なひび割れのことをヘアークラックといい、コンクリートなどが乾燥して収縮したり、膨張したりしたときに表面に生じるものです。特に構造には影響しないので、補修する必要はないと言われています。

 

もう一つは構造クラック、貫通クラックと呼ばれる、表面から裏面まで貫通しているクラックのことです。先ほど述べた幅0.3mm以上、深さ4mm以上あるひびの場合は構造クラックの可能性が高く、雨水が入り込んで鉄骨の錆びの原因になったりします。次第にひびが増えたり、幅が広がっていくケースもあります。

 

ひび割れが進行してしまうと、外壁材が剥がれたり滑落してしまう場合もあります。最悪の場合、外壁材の交換などの大規模な修繕が必要になりますので、そうなる前にメンテナンスをすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

・外壁塗装に関することは、外壁塗装&リフォーム専門店のDOORにお任せ下さい

外壁塗装・屋根塗装、雨漏り、防水・シーリング工事、リフォーム、ハウスクリーニングなど、住まいに関するご相談ならどんなことでもご相談下さい。

 

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORのサービスメニューはこちら

 

・西宮市、神戸市、尼崎市を中心に活動中

外壁塗装&リフォーム専門店のDOORは、兵庫県の西宮市を拠点に、神戸市・尼崎市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・大阪府にも対応しています。近隣・その他地域の方もお気軽にお問合せ下さい。

 

・お問い合わせは、お電話またはメールにて

 相談無料・診断無料・見積もり無料

お電話の場合はこちら:0120-99-8258

メールの場合はこちら:お問合せ専用フォーム

 

 

 

株式会社DOOR 総合リフォーム工事

プロタイムズ阪神中央店 塗装・防水専門店

 

設計事務所・ショールーム 

〒662-0921 兵庫県西宮市松原町4-22

TEL 0120-99-8256 FAX 0797-20-2174

 

工事用事務所・倉庫

〒662-0921 兵庫県西宮市用海町1-4-2

TEL 0798-20-2172 FAX 0798-20-2174

 

E-mail : info@doorinc.jp

Facebook:https://www.facebook.com/door.inc.0514/

 

・雨漏りでお悩みの方はこちら

http://www.door-amamori.jp/

 

・塗り替えセミナーのお申込はこちら

http://www.paint-door.jp/contents/seminar/

 

 

ページ上部へ