Now Loading...

西宮市堤町O様邸屋根修繕工事完了


スレート屋根材に一般的な3回工程塗装をすると多くの場合、屋根材と屋根材の間に塗料が入り接着した状態になってしまいます。

接着した状態になると、吸い上げられた雨水を排出する事が出来なくなり、下地材の腐朽から最悪の場合雨漏りに発展する事もあります。

ですから「DOOR」では、屋根塗装の際には縁切り部材「タスペーサー」の挿入をオススメしております。

屋根に、写真のようなタスペーサーを取付けることにより、屋根裏の通気を良くし、遮熱性能を上げます。

作業時間が短く低コストで工事が終るので、多くの人に選ばれています。

2015121123331.jpg201512112342.JPG2015121123442.JPG2015121123421.JPG