Now Loading...

外装塗装で覚えておきたい!塗装方法の種類をご紹介!


「そろそろ家の外装の剥がれや汚れが気になる。」という方、そろそろ外装の塗り替えの時期かもしれませんね。
そんな外装塗装工事に関して、どのような方法が使われているかを、皆さんはご存知ですか?実は、外装塗装というのは一つの方法だけではないのです。
 
そこで今回は、そんな外装塗装の種類をいくつかご紹介させていただきます。
これを読むことで、外装塗装についての知識が増え、工事の依頼がスムーズにいくはずですので、ぜひ一度ご覧ください!
 
■手塗りの刷毛工法
一番最初にご紹介するのは、皆さんがイメージしやすい手塗りの刷毛工法です。
この刷毛工法も、決して1種類だけではなく、塗装する場所や形状、塗料の種類に合わせて使う刷毛を変えて行います。
 
そのメリットとしてあげられるのは、塗料の飛び散りがほとんどないことです。
また、細かな手作業で行うが故に、細かな微調整、隙間などの塗装にもってこいなのが特徴と言えます。
一方、広い範囲を塗る際には膨大な時間がかかってしまいますので、あまり使われることはありません。
平らで広範囲な外壁なのに、全ての塗装を刷毛で行うのは非効率なのは明らかですよね。
 
■スプレー工法
二つ目に紹介するのは、スプレーガンを使い、外壁を仕上げる塗装工法です。
これは、塗料をスプレーガンという器具に入れて噴射することで広範囲を塗装するやり方です。
この塗装方法のメリットは、広範囲を一気に塗装できることです。スプレーだと人の力も使いませんし、非常に効率的ですね。
 
また、スプレーによる吹き付けは、凹凸のある立体的な形状を作り出し、外装を重厚な雰囲気に仕上げます。
塗りムラもないので、仕上がりの完成度は非常に高いです。
 
一方デメリットなのは、塗料の飛び散りが多いことです。
これは塗料が少しもったいないということと、他の箇所に飛んでしまうリスクが少しあることを意味しています。
だからこそ、広範囲を同じ塗料で塗る際に使われやすいのでしょう。
 
■ローラーを使った工法
最後は、ローラーを使った手塗り工法です。これも一般的な塗装方法の一つでしょう。
あげられるメリットは、広い範囲を塗装できることと、塗料の飛び散りが少ないことでしょうか。
 
刷毛よりもスムーズに広範囲を塗装できる一方、周囲の建材を汚さないハイブリッドな塗装方法と言えそうです。
デメリットは、塗りムラができやすいところでしょうか。
しかしこれは、優良な道具と職人さえいればデメリットとはならないはずです。
 
■まとめ
以上が、外装塗装の主な塗装方法になります。
それぞれのメリットやデメリットがわかれば、「今はこの方法で工事をしているのだ。」という工事への納得感も深まるはずです。
ぜひ、塗装工事の際は参考にしてみてくださいね!