Now Loading...

あなたのお家はどれ?外装塗装の際に知っておきたい建材の種類


「そろそろ家を建ててから10年が経つし、家のメンテナンスをしなくちゃ。」というお客様、忘れてはいけないのが、外装塗装のメンテナンスです。

お客様の家の外装も、年月が経つうちに、汚れやサビが目立っているのではないでしょうか?

そんな時にするのが外装塗装の塗り替え工事ですが、その前にお客様の家の外壁はどのような建材でできているかを把握しておく必要があります。

そこで今回は、いくつかの外壁材の種類をご紹介し、それ特有の劣化現象や特徴をお話ししたいと思います。

これを読めば、どのような部分に気をつけて塗装のケアをすれば良いのかがわかり、塗り替えの際の参考になると思いますので、ぜひご一読をよろしくお願いいたします!

 

■モルタル
最初に紹介するのは、「モルタル」という外壁材です。

これは、セメント・石灰・砂などに水を混ぜて作られた外壁材で、古い戸建て住宅などによく使われているものになります。

この建材の特徴としてあげられるのは、外装塗装の効果が切れ始めると、クラック(ひび割れ)が起こりやすくなり、そこから雨漏りなどの被害が起きてしまうことです。
対策としては、早めの塗り替えや密着性の高い塗料を使うことなどがあげられるでしょう。

 

■樹脂系サイディングボード
これは、塩化ビニル樹脂を主な原料として作られた板状の外壁用のボードになります。

樹脂でできているため、弾力があるほか、劣化もしにくい耐久性に優れた外壁建材です。

サイディングボードには様々な種類がありますが、この樹脂系サイディングボードはその中でも優れものと言えるでしょう。
この建材の劣化現象として考えられるのは紫外線による変色でしょうか。

ひび割れや剥がれなどの一般的な劣化は起こりにくいのが一つの特徴ですね。

 

■コンクリート壁
一般的なコンクリート(セメントや砂を混ぜて作る)から作られた外壁になります。

コンクリート打ちっ放しという家の種類を聞いたことがある方も多いと思います。

この外壁はとても強度が高いのですが、一度防水機能が失われてしまうと、劣化が進みやすく、ひび割れ・爆裂・(寒冷地では)凍害の現象が起こってしまいます。

防水機能が失われないような塗装をすることで、これを避けることができそうですね。

 

■まとめ
以上、いくつかの外壁材を取り上げてご紹介させていただきました。

外壁の建材はまだまだありますが、ご自宅の外壁の建材を知ることは、外装塗装の際に非常に重要だということがお分かりいただけたら幸いです。
もし、外壁や塗装に関して不安やお悩みがあれば、お気軽にDOORまでご相談ください!

相談やお見積もりまで無料で対応させていただきます!

http://www.paint-door.jp/