Now Loading...

外壁塗装の種類!塗装のタイプと塗料の付加価値とは?


外壁塗装を検討している方の中には、どのような塗装の種類があるのか知りたいという方がいらっしゃると思います。
塗装には様々な種類があるので、外壁塗装をする前に知っておくと良いでしょう。
そこでこの記事では、外壁塗装の種類に関して様々なことをお伝えします。
 

◆塗料のタイプ

 
皆さんは、塗料にはどのような種類があるのかご存知でしょうか?
塗料はまず、二つのタイプに分けられます。
それは、水性塗料と溶剤系の塗料です。
この二つの違いによって、効果も異なるので、気を付ける必要があります。
それでは、この二つのタイプの違いをご紹介します。
 
・水性塗料
水性塗料は名前の通り水を主成分とした塗料です。
この塗料は、基本的に低価格で、耐久性も低いことが多いといった特徴があります。
また、乾燥しにくいので、塗装する季節や天気にも注意が必要になってきます。
 
・溶剤系の塗料
この塗料は、溶剤が使用されている塗料です。
溶剤系の塗料は、水性塗料よりも価格は高いですが、耐久性も高いという特徴があります。
また、乾燥も天候に影響されにくいので、塗装期間が伸びにくいのも特徴です。
 
簡単にどちらが良いとは、判断できません。
そのため、どちらが良いかは、しっかりと吟味した上で決めましょう。
 

◆塗料の付加価値とは?

 
皆さんは、塗料に様々な付加価値がついてきていることをご存知でしょうか?
最近では、技術が進歩したことによって、塗料の性能が向上したり、増えたりしてきています。
そこで、どのような性能があるのかお伝えします。
 
・防水性
防水性とは、どのような性能であるかは皆さんご存知だと思います。
雨などが家の中に侵入することを防げる性能のことです。
この性能があることによって、雨が降った際に雨水が家の内部に侵入して、重要な資材などを腐らせてしまうリスクを下げられます。
 
・遮熱性
遮熱性とは、太陽光の熱を遮断してくれる機能です。
この機能のおかげで、室内の温度を抑えられます。
また、建物は熱によって劣化することもあるので、劣化もしにくくなります。
 
・防汚性
ほとんどの方が、できるだけきれいない外観の家に住みたいと思います。
そこでお勧めの機能が、防汚性です。
特に、セルフクリーニング性能と呼ばれる、雨が降ることで汚れを落とせる機能もあります。
 

◆まとめ

 
この記事では、外壁塗装の種類に関して様々なことをご紹介しました。
外壁塗装の種類によって、外壁の寿命が変化したり、外観の美しさに変化があったりします。
そのため、皆さんの満足のいくような外壁塗装をしましょう。