Now Loading...

外壁塗装の塗り替え!それぞれの時期の特徴とは?


外壁塗装を検討している方の中には、塗り替えはいつの時期にするのが良いのか困っている方もいらっしゃるでしょう。
塗装をする時期によって、少なからず影響は受けるので、それぞれの特徴を知っておいた方が良いでしょう。
そこでこの記事では、外壁塗装の季節ごとの特徴についてご紹介したいと思います。
 

◆春の特徴

 
皆さんは、春にどのようなイメージを持っていますか?
多くの方が、春に過ごしやすい良い印象を持っているのではないでしょうか。
塗装も同じように、行いやすい季節です。
 
その理由は、雨が少なく、程よく暖かい時期ですので、塗料の乾きが良いからです。
注意してほしいことは、塗装がしやすい時期であるため、多くの方がこの時期に塗装をしてもらおうとして、予約が殺到してしまうことです。
そのため、この時期に塗装する場合には、できるだけ早めに予約しておきましょう。
 

◆雨季の特徴

 
雨季は雨が多く降ることがデメリットになります。
しかし、雨季は暖かいので、塗料が乾きやすい温度で塗装ができます。
雨の影響で、他の時期よりも日数がかかるということには注意しましょう。
 

◆夏の特徴

 
雨が少ない時期である夏に塗装をする場合は、気温が高くて職人が作業しにくいということを覚えておきましょう。
皆さんも夏の暑い時期に外で作業をするのは、辛いと思います。
職人も真剣に取り組んではいますが、体力的にもきつい時期ですので、日程の調整などはしっかりと話し合って決めましょう。

 

◆秋の特徴

 
秋は、春と同様に予約が殺到する時期です。
そのため、できるだけ早い段階に予約するようにしましょう。
 

◆冬の特徴 

 
冬の場合は、気温が低いため、塗料を乾かすのが大変な時期です。
しかし、業者によっては乾きにくいことをあまり気にせずに作業をすることがあります。
そのため、冬の時期に塗装を依頼する場合には、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。
また、地域によっては作業できない場合もあるので、皆さんがお住まいの地域が冬に塗装をできるかも確認しましょう。
 
このように、季節によってそれぞれ特徴があります。
塗装しやすい時期と塗装しにくい時期がありますが、基本的にどの時期でも塗装はできます。
そのため、皆さんの都合に合う季節を選ぶのが良いかもしれません。
 

◆まとめ

 
この記事では、外壁塗装の季節ごとの特徴についてご紹介しました。
塗装しやすい時期としては、春と秋ですが、都合が合う時期や適切なタイミングなどの理由で外壁塗装をしても良いでしょう。