Now Loading...

外壁塗装は雨の日にすると悪影響を及ぼすって本当!?


皆さんの中には、外壁の保護や家の機能を守るために、外壁塗装を検討している方がいらっしゃるでしょう。
そして、外壁塗装をする際に気になることの一つとして、雨の心配があると思います。
皆さんも雨が降ると工事に影響が出るのではないかと考えるでしょう。
そこでこの記事では、外壁塗装に雨が及ぼす影響についてご紹介します。
 

◆雨の日はおすすめできない

 
雨が降ることを想像するだけで、外壁塗装に悪影響を及ぼすのではないかと考える方もいらっしゃると思います。
その考えは、正しいです。
 
それでは、なぜ雨の日が塗装に影響を及ぼすのか説明します。
まず、雨が降ると塗料と雨が混ざってしまうので、塗料の濃度が下がり長持ちしなくなりますし、普段の塗料よりも塗装がしにくくなります。
このように、雨が降らない日と塗料の濃度が変わることで、悪影響を受けてしまうのです。
 

◆湿気にも注意

 
雨が降ると自然に湿度が高くなってしまいますよね。
実は、湿気も外壁塗装をすることに悪影響を及ぼす原因になります。
 
その理由としては、湿気が高いと塗料が乾きにくくなってしまうからです。
外壁塗装では、塗装を何回か繰り返し重ねるというのが一般的で、塗料が乾かない状態で塗装をするとひび割れや塗膜の剥がれにつながる可能性があります。
そのため、雨が降っている場合は湿気が高く、悪影響を及ぼすことを覚えておきましょう。
 

◆工期

 
ここまでの説明から、雨の日の外壁塗装はデメリットがあるということをご理解いただけたと思います。
そのため、優良業者は雨の日に塗装するとしても十分な注意を払ってくれます。
 
また、工期がどのくらいかかるのかも気にするべきポイントの一つです。
雨が降ると、工期が伸びてしまい、予想よりも長い期間かかることがあります。
もしも、できるだけ短い期間で工事を終わらせたいのであれば、雨があまり降らない時期や、天気予報で晴れの日などを選んで依頼すると良いでしょう。
 
また、業者選びも重要で、天候に応じて適切な対応ができるような業者に依頼できると、外壁塗装が成功できるでしょう。
そのため、業者選びではその業者が信頼できるかをあらゆる面から検討しましょう。
 

◆まとめ

 
この記事では、外壁塗装に雨が及ぼす影響についてご紹介しました。
雨の日はデメリットがあるので、雨が多く降る時期を避けたり、雨の日でも適切な塗装をしてくれるような業者を見つけたりすると良いでしょう。
外壁塗装の効果を最大限発揮するために、雨から及ぼされる悪影響を防ぎましょう。