Now Loading...

兵庫県で外壁塗装に悩む方へ|自社施行の業者が安心な2つの理由とは?


お住いの住宅の外壁にヒビが入っている、または雨漏りが発生しているなどの悩みを抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?
 
平日は働いていて休日に日々の疲れを家で癒したいと考えている方や、お仕事はもうリタイアされていて家にいる時間が長い方にとっては、外壁に関するトラブルをいち早く解決して、住宅を安心・リラックスできる空間にしたいですよね。
 
そういった外壁に関する問題を解決するためには外壁塗装を行わないといけないのですが、どういった外壁塗装業者に依頼したら良いかと思っている方はいらっしゃいませんか?
そういった方に、外壁塗装を依頼する業者を選ぶ方法としておすすめなのがその業者が「自社施行」を行っているかどうかを確認することです。
 
今回は、自社施行の業者に依頼するのが安心できる理由について2つご紹介していきたいと思います。
 
 

[施行にあたっての技術が高い]

外壁塗装会社は、大きく2つに分けることができます。
施行を外部に委託する業者と、施行まで請け負う業者です。
 
施行を外部に委託する業者は、施行の際の質まで管理することが難しいです。なぜなら、施行を行う職人や、どういった材料を用いて施行を行うのかに関して、管理下にないからです。施行の品質を上げたくても、外部に施行を委託している業者にはどうすることもできないのです。
 
一方で、施行まで請け負う業者は、自社での施行の質の管理が可能です。また、何かあった際の問題の責任は、その業者自らが負わなければならないため、必然的に質の高い施行が可能な職人を備えることになります。
 

[責任能力が高い]

施行まで担当している業者は施行を委託する業者と比較して責任能力が高いです。
施行を委託してしまう業者であれば、施行の段階で何か問題が発生してしまった場合の責任をとることができないでしょう。
なぜならその業者は施行に携わっておらず、責任が施行を行った業者に流れてしまうからです。
 
よって何かあった際に責任追及しても責任逃れをされてしまう可能性だって考えられます。
実際に、アフターフォローや保証書発行を行えるのは施行までを請け負っている業者です。
万が一のために備えたいのなら、施行までを請け負っている業者の方が安心と言えます。
 
 
以上、外壁塗装をお考えの方に向けて、「自社施行」の業者への委託がなぜ安心かについてお伝えしました。
一つに、施行の際の技術が高いことでした。そして、もう一つが、責任能力が高いことでした。
上述したことが、悩みや心配を抱える方の一助になれば幸いです。