Now Loading...

ヒビの原因について2つご紹介|兵庫県の外壁塗装業者が解説!


お住いの住宅にヒビが入ってしまい悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
外壁にヒビが入ってしまうと、隙間風や雨漏りなどを起こしてしまいます。また見た目も、お住いになっている方の気に触るかと思います。
 
ヒビをなくすことにより、隙間風や雨漏りに悩むこともなくなり、また住居の外見も良くなることにより、さらに気持ちよく生活を送っていくことが可能になるでしょう。
悩みの種である外壁のヒビを解消するには、まずその原因を知ることが大切になってきます。
 
そこで今回は、外壁のヒビの原因について2つご紹介していきます。
 
 

[経年の乾燥]

建物にも寿命が存在します。
特に外壁は家の表面であり、経年の雨や風から家の内部を守り続けてきました。
そういった経年の蓄積により家は劣化してしまうことが避けられないのは言うまでもないでしょう。
その中でも、外壁のヒビの原因となるのは、乾燥だと言われてます。
 
これは避けるためには、外壁の定期的なメンテナンスが必要です。
平均的に外壁の塗り替え頻度は、約5年と言われています。
また、使用している外壁塗料によっても違ってくるので、気になる方は外壁塗装業者に確認してみると良いでしょう。
 

[建設施行時の建物の構造の歪み]

外壁のヒビの原因には、経年の雨や風などの外的なもののみならず、内的なものも存在します。
その一つとして建物の構造の歪みが挙げられます。
具体的には、住宅建築時において、必要な部材が欠けていたり、また部材の組み合わせが十分に考慮された上で行われていなかったりといった理由により、建物の構造の強度が弱くなり、地震などの自然災害の衝撃によるダメージが大きくなってしまうことです。
 
こういった原因をあらかじめ防ぐには信頼できる住宅建設施行会社に建設を任せるといった方法がありますが、一度建設してしまっているので、どうしようもありませよね。よって対処法としては、定期的に信頼の置ける外壁塗装会社に外壁の塗装を依頼することが挙げられます。
 
 
以上、外壁のヒビの原因として考えられる二つの方法についてお伝えしました。
一つ目が、経年外気にさらされることによる乾燥でした。そして二つ目が、建設施行時の建物の歪みでした。いずれも対処法としては、外壁塗装に信頼できる会社に依頼することです。
 
弊社は外壁塗装施行の質には自信があります。
また、アフターフォローや施行にあたっての相談など親身に対応させていただいております。
上述したことを参考に、悩みの解決のお手伝いができると光栄です。