Now Loading...

外壁塗装業者の選び方は?兵庫県の外壁塗装業者が教えます


外壁塗装をすることで、外壁の塗り替え時期を迎えたご自宅やマンションが全てが綺麗に元どおりになると思っていませんか?
外壁塗装のヒビや劣化が目立つ場合には、塗装以外の補修が必要とされることがあります。
せっかく新しく塗り替え工事を行ったのに、5年と経たず雨漏れがしてきたという方もいらっしゃいます。
 
そのため外壁塗装を施す際には、外壁塗装だけではなく、外壁修繕が得意な業者に依頼することをおすすめします。
外壁修繕を行っている業者であれば塗装する時に屋根や壁のダメージにも適切に対応してくれることでしょう。
 
とはいうものの、その業者選び方に悩む方もいらっしゃることと思います。
そこで本記事では業者選びのポイントをいくつかご紹介致します。
 

*自社施工業者を

まずは外壁塗装が自社施工であるかに注意しましょう。
外壁塗装業者の中には契約だけを取り扱って実際の施工は下請け業者に委任しているところがあります。
こういった業者の場合、うまく連携が取れずに、契約時に依頼された内容と実際に施工される工事にズレが生じてしまう可能性があります。
 
また、使用される塗料に関してもできるだけ低価格で抑えようとする傾向があり、求めているものよりも質が落ちてしまうことがあります。
自社施工であるかは契約時にはもちろんのこと、インターネットを通してでも確認できるはずなので一度確認してみましょう。
 

*職人の技量を知る

職人の腕を知るのも良いでしょう。
もちろん、実際に施工する様子をみてその職人の腕を確認しようと言っているわけではありません。
職人の腕を見て判断することは至難の技です。
 
実は外壁塗装にも、医師や弁護士と同じように1級や2級建築施工管理技士といった国家資格がございます。
職人の腕を知るために資格を参照してみると良いでしょう。
 
この方法以外にも、施工実績やお客様の声などを参考にするのも良いでしょう。
業者のホームページの多くはこのような情報を閲覧することができるようになっていますので、業者選びの際には有効活用しましょう。
 

*契約時の保証やメンテナンス

最後に業者がどれほど保証やメンテナンスを行なっているかについて調べましょう。
施工した後、不具合が生じた場合に保証を行なっている業者の方が安心できますよね。
 
また、中には定期的にメンテナンスを行なっている業者もあります。
保証期間やメンテナンス内容をよく把握した上で業者選びをすると良いでしょう。
 
 
今回は業者選びのポイントをご説明致しました。
DOORでは塗装だけではなく雨漏り修理や防水工事なども自社施工で行っております。
外壁塗装の業者選びにお困りの方は一度ご相談くださいませ。