Now Loading...

雨漏りの修理方法について、兵庫県の外壁塗装業者が原因別に解説


雨漏りが起こっている状態で暮らし続けるのは精神的に落ち着けないだけでなく、家財や家屋の構造にも悪影響が懸念されることですので、なるべく早く解決したいですよね。
今回は、雨漏りの修理方法についてご紹介いたします。
 

◎雨漏りの修理方法

雨漏りの修理方法は原因が何であるかによって異なってきます。
適切な処理を行うためにも、雨漏りの原因が何であるかということは正確に突き止めておくことが大切です。
それぞれの原因ごとの対処法についてみていきましょう。
 

●棟板金の浮き

棟板金(むねばんきん)というのは三角の山形をした金属の板であり、浮きといって一部が外れている状態になりますと叩くだけでは効果がありません。
ですから下地とともに撤去して新しい板金を張り付ける必要があります。
なお、この際に留め付けとして使う釘はさびないものを使用されることをおすすめいたします。
 

●塗料の剥がれ

外壁や屋根には素材の外側に塗料が施されています。
これは防水性を高めるだけでなく、外界からの衝撃を緩和する上でも不可欠な存在ですので、剥がれやひび割れが見られるようであれば、外壁塗装や屋根塗装を依頼された方が良いでしょう。
 

●スレートの浮きやひび割れ

スレートというのは、粘板岩を使用した建築材料のことであり、屋根材として使う際には下地板や防水シートを設置します。
これがひび割れしていると機能が低下してしまっていますので、新しいスレートと取り換える作業を行います。
この際に色が異なるのが気になるという場合には、塗料で色を統一するという方法もありますが、いずれ他のスレートも傷みが生じるであろうと考えて、まとめて行ってしまうのも一つの手です。
 

●コーキングの剥がれ

コーキングはシーリングとも呼ばれ、素材同士の隙間を埋めるために用いられているゴム状の素材です。
防水性を維持するためにはコーキングの取り替えが必要ですが、増し打ちよりも一旦既存のものを撤去する打ち直しの方が機能が高いといわれています。
 

●樋(とい)のずれや詰り

雨樋は屋上に降った雨水を集めて地面へとおろす通り道の役割があります。
これが原因で雨漏りが生じているのは、ごみが溜まっている状態、あるいは何らかの衝撃によってうまくはまっていない状態のときです。
特に破損しているだけであれば、ごみをきれいに取り除くことで一番手軽に改善できますし、もし破損しているようであれば、新しいものに取り換えるのが良いでしょう。
 

◎最後に

今回は、雨漏りの修理の方法について原因別にご紹介いたしました。
もしどこが原因であるのかがご自身では特定できないという場合には弊社を含めた外壁屋根の修理業者にお問い合わせくださいませ。
調査を行って原因を特定し、適切な対処をさせていただきます。