Now Loading...

外壁で気になるヒビの原因って何?兵庫県の外壁塗装業者が解説します


「何気なく外壁を見るとヒビが見つかった、大丈夫なのかな…」このような心配をされている方もいらっしゃることでしょう。
ご自宅に影響のないものなのかが気になりますよね。
 

◎外壁にヒビが生じる理由とは

外壁に見られるヒビはクラックとも呼ばれています。
これは施工不良というよりは建物が力を受けたときに生じたものであることが多いです。
住宅に負荷がかかったとき、建築物が対応できなくなり、力の行きどころが無くなり、クラックが生じるとイメージされるとわかりやすいと思います。
 
また、最近多いですが、地震が起こると地面にひび割れが発生しますよね。
揺れが大きいと衝撃によりひび割れや裂け目が発生します。
しかし、周囲を通る交通機関や道路の舗装工事など、ごくわずかな揺れは普段から起こっています。
 
したがって、外壁は知らないうちに少しずつ衝撃を受けているのです。そ
の結果、生じる割れ目や裂け目はあらゆる外壁材に生じるものであり、年月が経つと徐々にその数も増え、程度も大きくなっていきます。
 

◎クラックの種類

外壁に生じるヒビには大きく分けてヘアークラックと構造クラックという二種類があります。
ヘアークラックというのは、文字通り髪の毛のような割れ目であり、数ミリメートルの細かい割れ目や裂け目が生じている状態です。
経年劣化が要因であることが多く、そのままにしておいても問題のないヒビであると言われています。
 
一方、構造クラックというのはヘアークラックよりもさらに割れ目の程度が大きい状態のことを指し、幅が大きく、深い、という特徴があります。
 

◎ヒビが生じていることの何が問題なのか

構造クラックのように割れ目や裂け目が大きかったり、深かったりすると、隙間を通して内部にまで水が浸入する恐れがあります。
外装材そのものはそれほど防水機能が高いわけではなく、内部に水が含まれた状態であると、材料の腐食が加速することにつながり、構造物としての家屋全体を支える丈夫さが著しく損なわれてしまうことになるのです。
 

◎最後に

今回は、外壁に生じるヒビについて、その種類やどのようなことを原因に生じるのかについてご紹介いたしました。
このヒビは外壁塗装を行うことによって解消することができます。
 
外壁塗装に用いられる塗料には防水機能を備えたものもあり、雨水や湿気の浸入から家屋を守っている外壁を外側から支える役割として重要な存在ですので、外壁のヒビが気になるという場合には外壁塗装を検討されることをおすすめいたします。