Now Loading...

外壁塗装の見積もりの流れはどんなもの?兵庫県の業者が解説


外壁塗装は人生でそう何度も経験されるものではありませんので、不安に感じられることも多いかもしれません。
特に見積もりをはじめとした費用に絡むことは気になりますよね。
 
そこで今回は、見積もりを依頼するときに知っておくと安心なことを三つご紹介いたします。
 

◎見積もりの重要性

実際のところ、見積もりを行って算出された料金がそのまま工事費用になるとは限らず、見積もりを依頼するだけでも出費が必要なこともあります。
しかしながら、見積もりは単に工事の費用を求めるという意味以上に、現状どのような問題があって、何を変えていく必要があるのかということを確かめる機会なのです。
しっかりと質の高い工事を行ってもらうために、現状を確認してもらうという点で重要な最初の段階となります。
 

◎見積もりを行う流れ

見積もりを行うにあたってどの業者に工事を依頼するのかをある程度決めておく必要があります。
ここでは候補となる業者を、様々な情報媒体を使って探し出し、複数リストアップして問い合わせを行いましょう。
その後、指定日時にご自宅まで担当者に来てもらって、外壁の診断を行ってもらいます。
 
「遠方から来てもらうのが申し訳ない」「交通費を払いたくない」と思われるようであれば、地元の業者を中心に問い合わせることをおすすめします。
そこで外壁の状態を確認してもらい、どのような工事をするのかの説明を受けて、おおよその費用を算出してもらいます。
それぞれの業者と疑問点の解消や工事のスケジュールなど綿密に相談を重ねて比較し、ご自身が納得のいく会社を選び、契約・施工と続いていきます。
 

◎見積書の活用法、より良い業者と巡り合うために

見積書は工事の内容と料金のおおよその目安が記載されています。
先ほど比較をするという話をしましたが、これはなにも一番安い業者を探しているのではなく、見積書を通して一番信頼できるところはどこなのかを比べるために使います。
 
安い価格をあまりにも押し出しているところはむしろ質の低い材料や、中途半端な工事をされてしまうリスクがあるかもしれません。
リスクを背負ってまで悪徳ともいわれる業者とは契約したくないですよね。
 
そこで、見積書で見ておきたいのが曖昧な表現がされていないかということです。
わかりにくい場合には、業者に質問を繰り返すことで、業者側が隠そうとしていないか、信頼のおける業者か否かを見極めることができるでしょう。
 

◎最後に

今回は、外壁塗装の見積もりの重要性と主な流れおよび見積もりをどのようにして活用するのかについてご紹介いたしました。
アフターフォローも含めますと依頼した会社とは長くお付き合いをしていくことになります。
より良い業者と巡り合うためにも、見積もりの段階は特に慎重に行って、ご自身の納得のいく決断をするようにしましょう。