Now Loading...

雨漏りの原因と対策を兵庫県の外壁塗装、雨漏りの専門業者が解説!


屋根の雨漏りにお困りの方はいらっしゃいませんか?
長く住む家で雨漏りが起こると、部屋の中の家財が濡れるだけではなく、なんとなく嫌な気分になりますよね。
 
部屋が湿気ると、カビの発生の原因になり、病気の発生にもつながります。
雨漏りを直すため、予防するためにも、その原因を把握することは大変重要です。
 
今回は、雨漏りの原因とその対策についてご説明します。
 

・雨漏りの原因

基本的に雨漏りは、屋根やその周りの外壁が何らかの損傷を受けて発生します。
では、その損傷の原因となるのはどういったものでしょうか。
主に4つ挙げられます。
 

□経年劣化

当然のことのですが、家は時間が経つにつれて劣化します。
太陽光に含まれる紫外線や、季節の移り変わりに伴う温度変化による収縮や膨張など、様々な自然環境が合わさって劣化が起こります。
家のメンテナンスをどれくらいまめに行うかが経年劣化のペースに直結するので、気を付けたいポイントです。
 

□風や雨などの外力

経年劣化以上に影響が大きいのは、大雨や突風といった通常では中々ないような外力がかかったときです。
屋根の瓦が飛んだり、スレート(薄い板状の屋根材)が割れたりすることによって、雨水の侵入が発生します。
 

□地震や台風などの災害

地震といった大きな災害では、より大きな外力が家にかかります。
屋根の損傷だけではなく、その周りの外壁に大きくひびが入った結果、そこから雨水の侵入が起こり、雨漏りの原因となります。
この場合、地震保険に入っていれば、修理費を保険で賄えることがあります。
ご自宅の地震保険はどのような契約内容になっているか、把握してみるのも良いのではないでしょうか。
 

□施工不良

屋根や外壁の施工には、専門的な知識と技術が求められます。
正しい知識と正しい手順を踏んで施工を行わないと、普通よりも大幅に早いペースで経年劣化が発生したり、雨漏りが発生する場合があります。
施工業者は安心できるところを選ぶことが重要です。
 

・雨漏りの対策

 
雨漏りの対策として一つ重要なのは、メンテナンスをしっかりと行うことです。
外壁や屋根のメンテナンスをしっかりと行うことで、経年劣化対策ができますし、家の耐久力も温存できます。
そのため、風や雨、さらには地震のような外力に対しても強い家を保てます。
外壁塗装のような家のメンテナンスはついつい放置しがちですが、この際に見直してみてはいかがでしょうか。
 
 
今回は、雨漏りの原因と対策についてお伝えしました。
実は、日頃のメンテナンスが雨漏りへの対策になるのですね。
 
メンテナンスの時期は一般の方では把握しづらいことも多いです。
業者に調査してもらうのも一つの手ではないでしょうか。