Now Loading...

家を劣化させるヒビの原因と予防法を兵庫県の外壁塗装業者が解説!


気づかないうちに家の外壁にヒビが入っていた、ということはありませんか?
住宅の外壁は太陽光や温度変化、雨風といった多様なストレスにさらされています。
長年放置した外壁にヒビが入るのは当たり前かもしれませんが、少しでもヒビが入るのを防ぎたいですよね。
 
今回は、外壁にヒビが入る原因とヒビの発生を防ぐために必要なことについてお伝えします。
 

・ヒビの種類

ヒビには大きく分けて3種類あります。
ヘアクラック、乾燥クラック、構造クラックと呼ばれます。
それぞれのヒビによって原因や状態が違い、表面の塗装のみで問題ない場合もあれば、建物の構造部分であるコンクリート自体にヒビが入っている可能性もあります。
 
特に、建物自体にヒビが入っている場合、そのヒビから雨水が侵入することがあります。
そうなると、侵入した周辺の建材が腐食する原因となり、建物自体の状態の悪化につながります。
ヒビの早期発見は見た目だけではなく、住み心地の悪化も予防できるということです。
 

・ヒビの原因

原因は大きく分けて二つあります。
 

□経年劣化

雨風のような多くの衝撃にさらされることで、外壁やその塗装の耐久性が落ちてヒビの原因となります。
建物の経年劣化はパッと見ただけでは、分からないかもしれません。
一度家の周りをぐるっと一周してみて、どこかヒビになっていないかチェックする習慣を定期的に行っておくと、事態の深刻化を防げます。
 

□事前の施工の不備

外壁塗装には、複雑かつ高度な知識や技術が必要です。
この塗料の上にはこの塗料を塗ってはいけない、というようなルールを守らずに外壁塗装を行うと、数年後に表面のヒビとなって施工の不備が現れる可能性があります。
 

・予防法

 
では、このような原因を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。
解決策としてお勧めしたいのが、信頼できる業者に定期的に外壁塗装を依頼することです。
定期的に外壁塗装をすることは、経年劣化の起こり始めた外壁の耐久力を上げることにつながり、万一ヒビがあっても早期修復につなげられます。
 
しかし、この業者の施工がいい加減だと、結局ヒビの原因になりかねません。
そのため、施工に安心感のある業者に頼むことが重要です。
自宅の外壁の悩みに真剣に乗ってくれる、誠実で腕のある業者探しをすることで、暮らしやすい家にできます。
 
 
ヒビの原因や予防法についてご理解いただけたでしょうか。
日頃あまり気にすることのない外壁のヒビですが、実は少し気にするだけで家を長持ちさせられます。
一度、ご自宅の家の外壁についても考えてみてはいかがでしょうか。