Now Loading...

雨漏りの修理方法を知りたい!兵庫県の外壁塗装の専門業者が解説!


急な雨漏りでお困りの方はいませんか?
自分の家は大丈夫だと思っていたら、台風の次の日に雨漏りがするというような経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家の劣化や台風のような外の力によって発生する雨漏りですが、放っておくと、室内にカビが発生して病気の原因になったり、建物自体を傷めて住み心地が悪くなったりします。
 
実際に、雨漏りが起きたらどうやって対処すればよいのでしょうか。
今回は、雨漏りの修理方法についてお伝えします。
 

・雨漏りの修理方法

□ブルーシート(応急処置)

雨漏りをしている個所にとりあえずブルーシートをかぶせておき、数日をしのぐやり方です。
当然雨漏りしている箇所は治っていませんので放っておくと、ひびが入ったところから雨水が侵入します。
 
雨水が侵入すると、建物の骨組みを腐らせてしまう問題が発生しますので、近いうちにちゃんとした修繕をすることをお勧めします。
 

□修繕パテを塗布する

防水テープや修繕用のシリコンを雨漏りしているところに充てて、雨漏りを防ぐ方法です。
こちらは一見修繕が完了したように思えますが、根本的な解決には至っておらず、応急処置の延長線上にある方法だと考えてください。
しばらくするとまた雨漏りが再発する可能性があるため、早めに業者に連絡した方がよいでしょう。
 

□排水溝の掃除

雨漏りの中には、屋根の排水溝が詰まった結果発生しているケースがあります。
屋根自体には問題はないのですが、落ち葉のような堆積物が排水溝を防ぐために水があふれて雨漏りが発生します。
 
この場合は、排水溝を掃除することで雨漏りを防げます。
定期的に屋根の排水溝が詰まっていないか点検するのがおすすめです。
 

・雨漏りの修繕は業者に依頼するのがおすすめ

雨漏りの修理方法をお伝えしてきましたが、どれも高所での作業を伴う非常に危険な作業です。
特に、屋根は滑りやすく落ちたら命にかかわる危険な場所です。
無理に自分で治そうとせずに業者に依頼することをお勧めします。
 
また、点検の際も自分では発見できない雨漏りの原因を発見できるため、早めに相談すると良いのではないでしょうか。
 
雨漏りの修理方法についてご理解いただけましたでしょうか。
基本的な考え方としては、自分で応急処置をして業者に根本的なところから直してもらうというのがおすすめです。
 
また、応急処置の際には安全第一で慎重に作業を行う必要があります。
雨漏りを防ぐためにも、日頃のメンテナンスや点検を怠らないようにしたいですね。