Now Loading...

ウレタン塗料の特徴とは?|兵庫県の外壁塗装業者が解説します


「ウレタン塗料とは何だろう」
「ウレタン塗料ってどんな特徴があるのだろうか?」
「いくつかある塗料の特徴について知りたい!」
 
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
塗料にはいくつか種類があって、何を選んでいいのか分からないという方も多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、塗料の中でも特に「ウレタン塗料」に焦点を当ててご紹介いたします。
 

□ウレタン塗料とは?

ウレタン塗料は、主に外壁塗装の際に使われます。
 
樹脂の主成分が「ウレタン」のものをウレタン塗料と言います。
最近まで、外壁塗装ではメジャーな塗料として使われていました。
 
ウレタン塗料は木製や塩化ビニル製の素材を塗布するのに適しています。
雨どいや、木製建材のフローリングなどに使用されることが多いです。
 

□ウレタン塗料のメリットについて

ウレタン塗料には3つのメリットがあります。
 
1つ目は種類が豊富な点です。
ウレタン塗料には、水性、遮熱、弱溶剤、強溶剤など、様々な種類があります。
種類が豊富なおかげで、場所や用途によって様々な塗料を使い分けることが可能です。
 
2つ目は密着性が高い点です。
ウレタン塗料は素材に対しての密着性が非常に高いという特徴を持っています。
密着性が高いため、誰でも簡単に扱うことが可能です。
DIYでも扱いやすく失敗しにくいところがメリットとして挙げられます。
 
3つ目はメンテナンスが楽な点です。
ウレタン塗料を塗ることで、素材の表面が樹脂で覆われます。
そのため傷に強くなり、次回以降のメンテナンスも楽になります。
 
 

□ウレタン塗料のデメリットについて

ウレタン塗料には2つのデメリットがあります。
 
1つ目は紫外線に弱いことです。
ウレタン塗料にはイソシアートと呼ばれる成分が含まれています。
このイソシアートという成分は紫外線に弱く、黄変する可能性があります。
しかし、最近は改良を重ね、ポリオール樹脂という成分をベースにしたものが増え、黄変の心配は薄れてきています。
 
2つ目は防汚性が低いところです。
ウレタン塗料は防汚製が低く、汚れを付着させやすいです。
しかし近年は、低汚染性の効果を追加し、汚れにくいウレタン塗料も多くなってきています。
 
このように、ウレタン塗料にはいくつかのデメリットがありますが、技術力の進歩によって改善されつつあります。
 

□最後に

以上、ウレタン塗料の特徴についてご紹介いたしました。
ウレタン塗料についてイメージが付きましたでしょうか?
 
兵庫県で外壁塗装をお考えの方は、是非株式会社DOORまでご連絡ください。
 
↓株式会社DOORのホームページ↓