Now Loading...

《兵庫県の外壁塗装》モルタル塗料の特徴について解説します


モルタル塗料は、古くから用いられている伝統的な塗料の1つです。
「外壁塗装を検討しているけど、どの塗料を選んでいいのかわからない」「モルタル塗料がどういった塗料なのか知りたい」と感じている方も多いのではないでしょうか?
塗料選びでは、塗料の特徴も踏まえた上で、予算の計算もしなければなりません。
今回は、スムーズな塗料選びのためにも、モルタル塗料の特徴を解説します。
 

□モルタル塗料の特徴|4つのポイント

 
モルタル塗料の特徴には大きく分けて4つのポイントがあります。
メリット・デメリットに分けてご説明していきます。
 

*耐震性・耐久性にすぐ入れている|メリット

 
モルタル塗料の大きな特徴は、耐震性・耐久性に優れているという点です。
そのため、大きな地震が起こっても倒壊しにくいものとなっています。
 

*耐火性が優れている|メリット

 
モルタル塗料は、セメントと砂・水という燃えにくい素材を原料として作られるため、火にも強いという特徴があります。
 

*メンテナンス行うことで30年保つ|メリット

 
モルタルには「ひび割れを起こしやすい」という特徴から、雨水などの侵入により劣化が早くなるという特徴があります。
ですが8~10年といった期間で定期的な補修や塗装などのメンテナンスを施すことで、耐久年数を30年ほどまで長くすることができます。
また、より丁寧に補修すれば、半永久的に耐久年数を伸ばすことができます。
 
 

*防水性が低い|デメリット

 
モルタル塗料の主成分がセメントであることから、がっちりと丈夫なイメージがあるかもしれません。
ですが実際には、防水性が低いという特徴を持っています。
 
塗装が劣化してきた際に、水分を吸収しやすくなってしまい、建物の劣化を促進してしまう可能性があります。
ですので、モルタル塗料の場合は、こまめにメンテナンスが必要になります。
 

□塗料を効果的に利用して、より良い外装へ

 
ひと昔までまでは、住宅の外壁にモルタル塗料を用いることが一般的でした。
最近では、より便利な素材が登場したため、モルタル塗料の出番は少なくなってしまいました。
ですが、モルタルの風合いを好む人もいて、いまでも人気がある塗料となっています。
こまめにメンテナンスを施すことで、半永久的に使用し続けられるモルタル塗料。
 
もし、外壁塗装を検討されている場合は、モルタル塗料も検討してみてはいかがでしょうか?
今回は、スムーズな塗料選びのためにも、モルタル塗料の特徴を解説しました。