Now Loading...

雨漏り調査の前に!補償内容をチェックしましょう


住宅を所有していると予想しないことで出費があるものです。



その一つに屋根の雨漏りがあります。



雨漏りがあったからといって欠陥住宅というわけではなく、住宅も人間と同じように時間の経過とともに老朽化が進んであちらこちらに問題が生じてしまうのです。



だからと言ってそのまま放っておくと住宅の壁の中の断熱材や柱にカビが生えたりシロアリが発生してしまうこともあり、最悪の場合には建て替えをしなければならないこともありますので、雨漏りが発生する前にできるだけ早い段階で雨漏り調査をすることが必要になります。



ただし、雨漏り調査前には補償内容をチェックしておいたほうがいいでしょう。



何故なら、例えば雨漏り調査で行う雨漏り調査で行う散水で雨漏りが発生してしまい、部屋の中に置いていた家具や衣類などが濡れてしまったということや、美術品などが濡れてしまったということも考えられるからです。



雨漏り調査は無料の場合は補償がないことがほとんどです。



もしもの場合の補償の有無、補償がない場合はどう保護してもらうかを事前に業者から聞いておいた方がいいでしょう。