Now Loading...

雨漏りするまでの段階について


家の中に雨が漏ってくると、その時になって初めて雨漏りをしていることに気付くようになります。



しかし雨漏りは、ある日突然気づくものではありますが、ある日突然漏れだすわけではないのです。



雨漏りが起きるまでには段階がありますが、実際に水滴がポタポタ落ちてくると最終段階に入っている状態になります。



雨が漏る原因として多いのが、外壁の劣化です。



外壁が劣化することによって、雨がどんどん内部に浸透していって、その状態が酷くなると水滴が家の中に落ちてくるようになります。



ですので、実際に水滴がポタポタ落ちてくると最終段階まで来ている状態だと言えるでしょう。



水滴がポタポタ落ちてくるまで気づかなかった場合には、かなり劣化が進行している状態になりますので、大規模な修繕が必要になることもあります。



工事に何週間もかかってしまうようになると、それに合わせた生活をしなくてはならなくなりますので大変です。



長期に渡る工事でストレスをためてしまわないようにする為にも、最終段階になってしまう前に劣化に気付くようにしなくてはなりません。