Now Loading...

ビル・マンションの部分補修はロープワーク工事がお勧め


施工方法

施工方法は、費用の安いものから順に「ロープワーク」「高所作業車」「ゴンドラ」「足場」となります。
しかし、作業効率はこの逆で足場作業が最も良く、ロープワークはあまり良くない、と言えます。

価格・工事内容・使用材料など以外に決めなければいけないのは仮設工事です。
仮設工事とは、工事中、作業をスムーズに行うために設ける一時的な施設や設備を組み立てる工事のこと。
足場やシート、仮設電気、仮設水道、仮設トイレ、清掃片付けなどを意味し、これらの費用が、リフォーム工事に占める割合はおおよそ1025%です。

仮設工事は、工事中には必要不可欠ですが、完成後に形として残らない工事のことを言います。
ここでは作業をスムーズに行うための設備を紹介いたします。
なるべく費用のかからない方法を選ぶとよいでしょう。

ロープワーク

屋上にロープを固定できる場所があれば部分的な補修や軽作業に最適です。
足場などの予算を大幅にカットできます。
足場を組んだ方が良い工事ももちろんありますが、実はロープワークで解決ができる工事・作業もたくさんあります。

ロープワークで解決できると
・工期が短縮できる
・足場の設置・撤去が不要なのでコストが大幅に削減できる
・足場によって外観を長期間にわたって損ねることがない
・足場が使えない狭い場所でも作業ができる
といったメリットがあります。
屋上にロープを固定できる場所があれば部分的な補修や軽作業に最適です。

足場などの予算を大幅にカットできます。

ロープ設置・工事費:7万円~10万円/日(使用する材料でお値段が変わります)


高所作業車

敷地の広い場所があるなら高所作業車がいいでしょう。
作業効率も良く経済的です。

高所作業車レンタル費:4万円~8万円/
工事費:5万円~12万円/日(使用する材料でお値段が変わります)

足場作業

屋根や外壁の工事に設置される最も一般的な足場です。
戸建てや新築工事などは足場を組んで作業します。
工期が長く、多くの職人が作業する場合は足場を組み立てた方がいいでしょう。

設置・運搬・解体:850/m2