Now Loading...

外壁塗装ってどんな工程で進むの?西宮市の専門家が工事の流れを解説します!

「外壁塗装がどのような工程で進むのかわからない」
「工事をする前にすべきことはあるのか」
このようにお悩みの方も多いでしょう。
そんな方に向けて、今回は工事に入るまでのステップや、工事期間中に注意すべきポイントについて詳しくご紹介します。

□工事に入る前の流れについて

工事に入る前に行うべきことは、大きく3つあります。
1つ目は、書面での契約です。

外壁塗装を行う際には、書面での契約を交わしてから工事が開始されます。
書面での契約を行うことで、工事を開始した後に起こる責任の所在を明らかにしたり、工事の詳細について証明する書類として使用したりできます。

契約の際には、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会標準の書式が使用されることが多いです。
契約書には、工事にかかる費用はもちろんのこと、品質、工期、使用部材やクーリングオフに関する説明などがすべて明記されています。
契約を締結する際には、読み合わせの上、内容を確認し、お客様の了承を得ることで契約の締結に進みます。

2つ目は、色の打ち合わせです。
塗装工事は、屋根材・外壁材の経年劣化を防ぐことを目的に行われます。
しかし実際には、外壁塗装の色にこだわりたい方や、塗料の塗り分けにこだわりたい方が多いです。
人生に何度も行うわけではない建物全体のメンテナンスももちろん大切ですが、色決めについても同じように大切です。

多くの外壁塗装業者では、工事前にカラーシミュレーションが行われます。
そのため、外壁塗装前に塗り替え後の住宅を具体的にイメージできます。
このとき、カラーシミュレーションを行うだけではなく、見本板を利用してわずかな色差や艶を確認することが大切です。
たくさんの施工例がありますので、「こんな仕上がりにしたい」「こんな塗分けはどうか」など家族の要望に1番マッチした塗料の色を選択しましょう。

3つ目は、ご近隣の方々への挨拶まわりです。
工事開始から終了までは、近隣の方々の安全に配慮する必要があります。
工事中は、工事用の車両が通行したり、施工中に大きな音が発生したりします。
この大きな音が原因で、近隣の方々とトラブルになることも多いです。

工事中に発生する騒音に対するご理解とご協力をお願いするため、向こう三軒両隣以上にご挨拶し、工事内容や工期、車両の通行制限などをできる限り詳細に説明するようにしましょう。

□外壁塗装の工程とは

戸建て住宅の外壁塗装では、工程を合計すると約10日かかります。
しかし、雨天により工程が順延されるおそれがあるため、外壁塗装には、10日から2週間ほど時間を要すると考えておくと良いでしょう。

ここでは、外壁塗装の工程について詳しくご紹介します。

1つ目は、近隣の方へのご挨拶です。
外壁塗装のお知らせとご挨拶を近隣の方へと行います。
挨拶まわりが必要な理由としては、お隣の家への塗料の飛び散りや、塗料独特の異臭問題が挙げられます。
外壁塗装を原因とした近隣トラブルを起こさないための重要な対策として、まず初めに挨拶まわりを行うようにしましょう。

挨拶まわりを行ってくれる業者も多いですが、お客様自身が挨拶まわりを行うことで、近隣の方と良好な関係を築けます。

2つ目は、足場づくりです。
ここでは、足場の材料の運び入れと足場の設置、塗料の飛散を防止するための養生、メッシュシートの取り付けが行われます。
外壁塗装をより安全に、そして丁寧に実施するために、足場の設置は重要です。

足場の設置の際、騒音が発生します。
その音が原因で近隣トラブルが起こる場合があるため、事前に挨拶まわりを行い、工事に関する内容の説明を行いましょう。

3つ目は、外壁の洗浄です。
高圧洗浄の工程では、高圧洗浄機を使って外壁のほこりや汚れを取り除きます。
高圧洗浄を行う理由としては、汚れが残った状態では塗り替えを実施できないこと、汚れが原因で塗料がすぐに剥げてしまうことが挙げられます。

高圧洗浄を実施することが難しい場合は、ブラシ等を用いて汚れを手作業で落としていきます。
洗浄を実施すると同時に、外壁や屋根の劣化状態の確認、傷みの詳細な状況把握を行います。

汚れが酷い場合は、洗浄に多くの時間を取られてしまう場合があります。
加えて、洗浄後は乾燥する期間を設ける必要があります。
そのため、作業が完了するまでの期間として1日から3日を見積もっておきましょう。

4つ目は、下地処理です。
下地処理は、塗装の状態を左右する重要な工程です。
もしこの途中で手を抜いた場合、塗料や塗装職人の力に関わらず、塗装が10年ももたなくなると言われています。
以下は、下地処理の代表例です。

・ひび割れ(クラック)
・塗膜の剥離
・コーキング(シーリング)の劣化
・金属部分のサビ
・コンクリート・モルタルの補修

下地処理は、本格的な塗装の成否を決める上で最も重要な工程です。
そのため、見積書の記載内容に「下地処理」や「ケレン」といった項目が含まれているかどうか、内容も含めてしっかり確認しておくことが大切です。

5つ目は、養生作業です。
養生の工程では、塗料が付着してはいけない箇所にビニールシートを覆います。
本格的に塗装作業を開始する前に、塗料が付着してはいけない場所を保護していきます。

6つ目は、塗装です。
塗装の工程では、基本的に3回塗りが行われます。
そのため、工程に要する期間として3日を見込んでおく必要があります。

工程は、下塗り、中塗り、上塗りの順で行われます。
下塗りには、外壁の材質にマッチした塗料が使用されることが多いです。
中塗りと上塗りには、同じ塗料が使用されます。

この工程では、それぞれの塗りが完全に乾くまで次の塗りを行えません。
そのため、雨などの気候条件によってかかる期間が変動します。

7つ目は、最終チェックと修正です。
最終チェックを行い、必要であれば部分的な修正を行います。
このとき、少しでも気になる部分があれば遠慮せずに塗り直しを行ってもらうように依頼しましょう。

8つ目は、足場の解体・撤去までを含めた片づけです。
足場や養生の解体・撤去、産業廃棄物の片づけ・清掃を行います。

□工事期間中に注意すべきポイントとは

1つ目は、作業をしているところを見に行くことです。
作業工程の視察に訪れることで、作業の進捗を確認できるだけではなく、業者による手抜き工事の防止にもなります。
納得の塗装をしてもらうためにも、定期的に現場の状態をチェックするようにしましょう。

2つ目は、工程通りに進んでいるか塗装業者へ確認することです。
作業ミスの多くは、詳細な依頼内容が塗装職人に伝達されていないことで発生します。
1日の作業終わりや作業中に、現在の作業内容について塗装職人に尋ねましょう。
実際に行われている作業と工程表の作業との間にギャップが見つかった場合は、すぐに塗装業者に事情を説明してもらいましょう。

3つ目は、昼間の明るい時間帯に塗装の確認をすることです。
塗装の状態は、明るい昼間にチェックすることをおすすめします。
カメラなどを用いて、塗装の状態を写真として保存しておくことも良いでしょう。
塗装業者に要望を伝えるときの材料として、撮影した写真を有効活用しましょう。

□まとめ

今回は工事に入る前の流れや、外壁塗装の工事中に注意すべきポイントについて詳しくご紹介しました。
本記事が、外壁塗装の工事に関して不安がある方の参考になれば幸いです。
西宮市にお住まいの方で外壁塗装を検討中の方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

 

 

西宮市・尼崎市・伊丹市の外壁塗装&雨漏り修理ならDOOR
https://www.paint-door.jp

タイトルデコレーション

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)
代表 小林から地域の皆様へご挨拶

株式会社DOOR(プロタイムズ阪神中央店)

代表取締役 小林正弘

お客様満足の最大化をモットーに
お客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工を提供

弊社、外壁・屋根塗装専門店DOOR(プロタイムズ阪神中央店)は防水会社として創業して、西宮市、神戸市、尼崎市を中心に防水工事をやってきました。
また西宮市、神戸市、尼崎市では、累計500件以上の外壁塗装や雨漏り補修の実績があります。

弊社は、地域密着で防水事業を中心に展開してきましたが、お客様より外壁塗装や屋根塗装はできないのか?という声を多く頂き、外壁塗装・屋根塗装を手掛けるようになりました。
防水会社ならではの雨漏り対策からお家を長持ちさせる方法を考え、補修で終わる範囲であれば補修提案、塗装をした方がよい場合は塗装の提案をするという、そのお家に合ったご提案をしています。

私は、防水の職人から会社を興した経緯もあり、お家の劣化状況を知ることができる外壁劣化診断や雨漏り診断を重視しています。劣化箇所や原因の特定をした上での最適なプランをご提出しております。
さらに、私の想いとしては、塗装や補修をすれば終わりというわけではなくて、お家を長持ちさせるという想いでご提案をしたいと思っていますので、塗装をした後のアフターにも力を入れています。
初年度は定期点検を基にメンテナンスをしていきます。初年度以降は、1年間に1回の定期点検をして、何か補修が必要な場合はすぐに対応するようなアフターサービス体制をとっています。

お客様満足の最大化をモットーにお客様のお家を長持ちさせるような高品質の施工とサービスをご提供できたらと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

タイトルデコレーション

対応可能エリア

エリアマップ

プロタイムズ阪神中央店の対応可能エリアをご案内します。
下記エリア外の隣接する地域も対応可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

兵庫県・西宮市・尼崎市・芦屋市・神戸市・伊丹市・宝塚市・三田市・川西市
大阪府大阪市(中央区・北区・住之江区・住吉区・城東区・大正区・天王寺区・平野区・旭区・東住吉区・東成区・東淀川区・此花区・浪速区・淀川区・港区・生野区・福島区・西成区・西淀川区・都島区・阿倍野区・鶴見区・西区)・箕面市・豊中市・池田市・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東区・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・泉大津市・泉佐野市・和泉氏・大阪狭山市・貝塚市・柏原市・河内長野市・岸和田市・泉南郡熊取町・泉南郡岬町・泉南市・泉北郡忠岡町・高石市・豊中市

LINEで
お問い合わせ
CONTACT TEL 簡単お問合せ